英語の取り組み

リーダーズいろいろ

c0214088_07065032.jpg

フォニックス、サイトワードの取り組みが終わったら、いよいよ実践的な読みの練習に入ります。その初めの一歩となるのが、今回ご紹介するリーダーズブックです。

まずは、ママの読み聞かせからスタートさせ、その後、ママの後に次いでリピートしてもらったり、交代しながら読んだり、役によって読む部分を分けたりなど、お子さんが楽しめる形で読みに繋げられるような取り組み方を工夫してみてください。

一番初歩の、おススメ簡単リーダーズブックは、こちらで紹介しています。
(また、ORTも同時に活用していくと、より効果的かと思います。)


Step into Reading

ノンフィクション、フィクション、ディズニーやその他のアニメまで、幅広いジャンルが揃っているリーダーズ本です。STEP1が一番易しいレベルとなり、STEP5まであります。こちらではSTEP2から4までを載せていきます。

STEP 2

◆ フィクション
   

◆ ノンフィクション
   

Wild KrattsはPBS KIDSで放送されている人気テレビアニメの本となります。こちらでは、1冊のみ紹介しましたが、同じシリーズで何冊か出ていますので、アニメ(DVDかYoutubeで視聴)が気に入ったのであれば、こちらのシリーズで揃えていってもいいですね。

◆ STEP 1&2 Disney(5つのストーリーが入った合本です)
  


STEP 3

◆ フィクション
   

◆ ノンフィクション
   


STEP 4

◆ フィクション
  

◆ ノンフィクション
   


Scholastic Reader

アメリカ児童書の約90%のシェアを誇るScholastic出版のリーダーズ本です。Fly Guy、The Magic School Bus、Pokémon、LEGOなどの人気シリーズは、かなりの冊数が揃っているので、気に入ったものが見つけられれば、長く読み続けることができます。Levelは1~4まで(1が一番易しいレベル。)ここでは、Level2と3をご紹介します。

Level 2

◆ フィクション
   

Rainbow MagicのEarly Readers版があるんですね。チャプターブック版はこちらで紹介しています。

◆ ノンフィクション
   

◆ Fly Guy
   

Fly Guyシリーズはフィクション版とノンフィクション版の二つがあります。一作目となる「Hi! Fly Guy」が気に入った場合は、同シリーズで進めていってもいいですね。(↑では1~4作目までを載せていますが、全て一冊ごとに完結しているので、「Hi! Fly Guy」以降はどの本でもいいと思います。)

◆ Fly Guy Presents
   

その他、PokémonシリーズThe Magic School BusシリーズLegoシリーズなど。


Level 3

◆ フィクション
 

Poppletonシリーズは他の出版社からも出ているシリーズとなります。(シリーズ一覧はこちら

◆ ノンフィクション
  


I Can Read

他の出版社とのリーディングレベル数値が一致していないため、初めての方は注意が必要。
有名作家による、ストーリー重視の話を多く取り揃えているのが特徴的なリーダーズで、Lv2以降の本はチャプターブックへ行く前のリーディング力UPに最適なシリーズとなっています。ここではMy First~Level2までをご紹介。

My First I Can Read

My Firstと言えども、平均3行(多い場合は1ページに5行)ほどの文があるため、他のリーダーズと比べると難易度高めとなります。本によって多少 差がありますが、大体、Step Into Reading 1~2の間ぐらいのレベルとなります。

  

こちらではBOXセットをご紹介しましたが、もちろん1冊ごとでも購入可です。(Pete the CatBiscuitLittle Critter


Level 1

     

1冊ずつ見たい方は → PinkaliciousFancy NancyAmelia BedeliaPaddingtonDanny and the DinosaurSplat the Cat


Level 2

   

Level2から、チャプターブックではお馴染みのMy Weird School、Flat Stanleyが登場します。Flat Stanleyは最初に「ボードが落ちて、ペラペラになっちゃったんだよ」といった一文から始まるため、どの本から読んでも楽しめるようになっています。

そして、The Angry BirdsとPlants vs. Zombiesはゲームの世界を舞台としたお話になります。ゲーム好き男子(女子も?)におススメな本ですね。

ポヨはORTのStage9を読み終えたあたりに、こちらのレベルの本を読み始めたと思います。定番の本はこちらに紹介しています。



とりあえずはこの辺りで。どのリーダーズ本にも共通するのですが、レベルが高くなると面白い本が少なくなります。我が家は他にCurious GeorgeやRichard Scarryの本も楽しんでいました。

また、ある程度のレベル(I Can Read Lv2)が読めるようになったら、このあたりの本を読み進めていっても良いかと思います。

なお、その他のリーダーズとして

All aboard reading
Penguin Young Readers
World of Reading
National Geographic Readers
DK Readers
Green Light Readers
Candlewick Sparks

など、いろいろあります。ご紹介した3つのリーダーズから良いものが見つからない場合は、上記の中からお子様の好みにあった本を探してみてください。



[PR]
by corocorobox | 2012-03-01 09:00 | 英語の取り組み

今や洋書を買うことが趣味となっている、英語が苦手なママとその子供、ポヨ(♂)&コロ(♀)のおうち英語キロク。コメント欄はただ今 閉じています。ごめんなさい。リンクはご自由に!


by Natsu
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30