英語の取り組み

【かけ流し中級者編】おススメAudiobooks

c0214088_12583949.jpg

昔に書いた【かけ流し初心者編】の第三弾、中級者編となります。

今回は、朗読速度が少し早めだったり、1センテンスが長めであったりするものの、我が子たちの音読練習に何度も活用したり、お気に入りだったりしたAudiobooksを集めてみました。

重複して申し訳ないですが、【どうやって英語の本が読めるようになったのか③ 】に書いた通り、音源を聞いた後にリピートさせる音読練習は、我が家のおうち英語の初期段階では、かなり重きを置いて行った取り組みではないかと思っています。

ポヨの時はパソコンに取り込んでいた音源を1センテンス毎に再生・ストップと繰り返して音読させ、コロの時はiPodでやはり再生・ストップと私が操作しながら読ませていました。(コロはポヨの習い事の待ち時間を音読練習時間に充てていたため、携帯できるiPodを活用していたのですが、画面が小さいのでとても操作しづらかった思い出が。汗)お分かりの通り、ものすごく面倒臭いです(苦笑)

そして、今思うのは、この面倒臭い作業で行っていた音読の取り組みを子供達が幼稚園生の時期に徹底的にやっていて良かったということです。もうね、小学生になったら、時間がない中、こんな七面倒くさいことなんて、やってられないですから。

何度も書いていますが、英語の音読練習をひたすら行ったことによって、子供たちはリンキングの発音が身に付き、オンラインレッスンでの会話がとてもナチュラルになりました。我が家は私が普段、子供達と英語で会話するなんてことは皆無だったため、この音読により、繰り返し、声を出して口を動かす練習をすることは非常に重要な取り組みだったのではないかと思っています。

多少、お金がかかっても良いから、もっと簡単に取り組みしたい、という場合、私が思いつく限りでは、公文英語(英語の音声ペンで1センテンス毎に音読練習できます)、LeapFrogのReading and Writing System、ORTのAudio Pen&サウンドブック、あとはRaz KidsやLittle Fox(eBookやMP3を利用した音読練習ができます)などのオンラインサービスでしょうか。

  
<追記>

音声データの扱いなんて簡単よ!というハイテク機器得意ママなら。
こちらのG-Talkという音声ペンを活用して、CD付き絵本を音声ペンに対応させた絵本に変身させることができます。

CD音源をMP3ファイルに変換したり、センテンス毎に対応させたい場合は音声編集ソフトを使って、データを分割させるといった作業が必要ですが、それができるのであれば、手持ちのCD本が全て音声ペン対応絵本にすることができます。

詳しくは「G-Talk 音声ペン 使い方」や「G-Talk 音声 分割」といったワードでググってみてください。分かりやすく説明してくださっているサイト様がたくさん出てきますよ。(いやはや、本当に便利な世の中になってきましたね。私のCD、ON/OFF操作の取り組みなんて鼻で笑われてしまいますね)

英語得意ママであれば、こんなものを活用しなくても、自分の声で子供にリピートさせることができるので、本当に羨ましい限りです。

そんなワケで、英語苦手ママが効率的に習慣的に取り組みを行いたかったら、多少の出費も止む無しかもしれませんが、私みたいに出来るだけお金をかけたくない、ド根性で頑張るわよ!と言う方はボタン操作の修練に努めてください(笑)

ではでは、CDのご紹介に移りたいと思います。(画像をクリックしていただければ、Amazonに移動します。前に紹介したものとかなり重なりますが、ご了承を~)







まず、ORT

自力読みで読み終わった本から、好きなものを選んでもらい、Stage9まで音読練習をしてもらいました。(すべての本ではありません)

ORTは比較的、再生・ストップ操作がしやすいテンポのCDだったかな。
でも音声ペンがあったら、そりゃもう、快適なんだろうなぁ・・・。






そして、Frog and Toad

文章も平易で、朗読スピードもゆっくりなので、初期の音読練習におススメなCDです。






Amelia Bedelia 、我が家は聞くだけでしたが、I Can Read Level 2で、Frog and Toadと同じレベルですので、女の子はこっちでもいいかも。
ただ、今、聞き比べてみたら、Amelia Bedeliaの方がすこーし、朗読スピードが早い感じがしました、あくまで私の感覚ですが。ほんのちょっとの差ですね。






で、我が家はこの後、Curious GeorgeのCDセットなるものを使って音読練習したのですが、今、絶版になってしまって 高値が付いてしまってます。それを紹介するのも、何だかな~と思い、Curious Georgeと似たようなレベルのNate the Greatを貼り付けてみました。

今、聞いてみましたが、朗読スピードもGeorgeと同じぐらいかな。




 

そして、音読練習の一つの山場となったDr. Seuss。コロの時の苦労話は以前、話した通りです。コロは、この中から

・Hop on Pop
・One Fish Two Fish Red Fish Blue Fish
・Fox In Socks
・Green Eggs And Ham
・The Cat In The Hat

を練習しました。

なお、Green Eggs And HamとThe Cat In The Hatは後半へ行くにしたがって、センテンス終わりに停止ボタンを押すタイミングが難しく、機器操作の手腕が問われます。(一時、本を見ながら真面目に自主練をしました。)

頑張ってやり遂げた分、コロの良い自信につながったと思います。Dr. Seussの音読は本当にオススメです。

因みに、ポヨさんは、Green Eggs And Ham、The Cat In The Hatあたりは多少、手こずったものの、コロのような苦労は殆どなく音読練習を進めることができました。
というのも、何度かやっているうちに彼はスラスラと暗唱できるようになってしまったんですよね。最終的に本を見ずにシャドーイングをしていました(苦笑)






そして、最後の音読練習となったCDがこちら
コロさんはその後、アニメ音源を使った音読もやっていたのですが、おそらくポヨ、コロともに音源を聞いた後にリピートさせる音読取り組みは、小学1年生の半ばあたりで終了したと記憶しています。

このブログをさかのぼって見てみると、コロさんは4歳11か月あたりから、なんちゃって音読練習を始めていますが、本格的な取り組みをほぼ毎日していた期間は1年ちょっと、といったところかな。我ながら、よくやったな・・・。

(ポヨはもう音読自体の取り組みをしていませんが、コロはReading用のワークブックを使って、一人音読を現在も継続中です。)



=========

その他:子供たちが気に入って聞いてくれたAudiobooks







お馴染み、Magic School Busシリーズ。






The Wayside Schoolシリーズ。
こちらで本を紹介しています。




    

他にもいろいろ、Disney Read-Alongシリーズ。


こんな感じでしょうか。

そう言えば!CarsのRead-Alongで一つ思い出したことが。

確かポヨさん、6歳あたりのころ。
当時、大好きだったカーズの↑のバージョンより古いタイプのRead-Alongを使って、音読練習をしていた時の話です。

昔のCarsのRead-Along、新しいバージョンと比べると、効果音が少々デカくて(映画のシーンの音源が使われていて、臨場感あるつくりになっているのは良いのですが)、朗読音声が所々、聞き取りづらいところがあったんです。

特に冒頭のレースシーンなどは、朗読の声にエンジンのブルルルルル~という音が重なって、私にとっては、何言ってんじゃー!!てな感じでした。

そんなワケで、ポヨに「これ、聞き取りづらいね。他の本の音読に代える?」と聞いたのですが、ポヨはキョトンとした顔で「え?ちゃんと聞こえるよ」と答えたのです。

私はそんな事はないとばかり、CDを再生しながら、「でも、ほら、ここ!分かんないじゃん」と言うと、ポヨは「こう言ってるんでしょ」と、スラスラ綺麗な発音で音読してくれたのです。

ちょうど、その場所のセンテンスが私には難解に思えた文章だったので、ポヨがスラスラ読めたことに仰天。

「えー?ウソ?聞こえるの?」と聞くと、当たり前とばかり「うん」という答えが返ってきました。

おそらくですが、これが俗に言う、英語耳と言われるものなのではないか、とその時、ハッとしたんですよね。
私の耳は効果音と英語音声が脳にある処理回路の中で同一音声として扱われてしまっているのに対し、ポヨは効果音と英語の音が別々に聞こえている、ということなのでしょう。

そして、この一件で英語を聞かせ続ける、かけ流しってすごい効果を生むんだな~と感動し、それと同時に、これからも取り組みを頑張ろう!と決意を新たにしたのでした。

英語の取り組み、本当に大変ではあるのですが、毎日の積み重ねが大きな財産として返ってくることを、子供たちを見て実感しているので(英語が分かるとか、話せるとか、そういう次元じゃないんです、とても大きな世界が広がるんです)ぜひぜひ頑張ってもらいたいなと思います。



[PR]
by corocorobox | 2016-09-20 10:00 | 英語の取り組み

今や洋書を買うことが趣味となっている、英語が苦手なママとその子供、ポヨ(♂)&コロ(♀)のおうち英語キロク。コメント欄はただ今 閉じています。ごめんなさい。リンクはご自由に!


by Natsu
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31