英語の取り組み

我が家の多読本探索

英語多読の成功の秘訣は、本好きに育てあげることが一つの基盤になると思いますが、もう一つ欠かせないのは、如何に 子どもの大好きな、ハマる本を探しあてるか、ということ。

私の場合、英語育児および、英語多読のブログで探す、amazon.comのレビューをチェックしまくる、あと定期的なものではありませんが、旅行先で立ち寄った本屋さんで面置き?(表紙が見えるように置かれている)本をチェックする、なんてこともしています。

c0214088_10530833.jpg
メモるのは大変なので、ひたすら写真 012.gif

私の経験上、面置きされている本は大概、amazon.comのレビューが良いのです。

なので、私にとってアメリカの本屋さんは、英語多読本の情報の宝庫(笑)
手に取って、中身を確認できることも貴重ですよね。ちょっと先のレベルまで、しっかりチェックしてきます。

その後は本を買って、併設されているスタバで本を読みながらお茶する、というのが 子どもたちのお気に入りスタイルです063.gif

(他の本屋さんは分りませんが、Barnes & Nobleだと購入前の本でも、スタバに持ち込みが可能なんですよね、そこはビックリです!)

で、話は以上なのですが(汗)、これだけで終わってしまうのも何なので、後半はポヨさんの好きなジャンルの一つである、イラスト本のお話でも。

これが英語向上に一役買ったのか?と聞かれたら、「ビミョー」と返答せざるを得ないのですが(苦笑)、結局、子どもの洋書多読って、文章を読ませる以外に、子どもの興味を引く趣味本を箇所箇所、投入していくことも大事なのかな、なんて思うんですよね。
(おかげで投資額が膨らみますが・・・)

ということで、軽くご紹介↓



こちらの本に いっとき、ポヨさんが かなりハマりました。

ちなみにHorrible Scienceと聞いて、「ん?」とお気づきになった方。
そうです、



↑このHorrible Scienceシリーズの挿絵担当をしたTony De Saulles氏が解説してくれるイラストHow To本なんです。

中身ですが、こんな感じ。

c0214088_14371920.jpg

男性の表情の描き方。




c0214088_14372236.jpg

臭いうん○の描き方。




c0214088_14372426.jpg

一点透視図法の説明。
(ウサギさんが・・・)



本編のHorrible Science同様、かなり専門的な解説も含まれているのですが、全てがこんな調子であります。

実はHow to draw本、アメコミちっくな真面目なものを、以前買ったのですが、残念ながら それほど見てくれず。

こちらの本は、渡すや否や 夢中で模写していました。そんな様子を見て、「やっぱり、こういう物が好きなんだ・・・」と、複雑な心境になった母なのでありました。(いや、幼少期にこんなカードを与えていたからか?!)



ってことで、最後はポヨさんが描いた 英語イラストを載せて、こちらの記事を〆たいと思います。
(確か9歳の頃のイラストです。こまごました絵が大好き。ラストの絵は思いっきりHorrible Scienceの影響を受けてますね。)

c0214088_14314953.jpg

c0214088_14314981.jpg

c0214088_14314948.jpg
最後まで読んでいただき、ありがとうございました。


[PR]
by corocorobox | 2015-10-10 20:30 | 英語の取り組み

今や洋書を買うことが趣味となっている、英語が苦手なママとその子供、ポヨ(♂)&コロ(♀)のおうち英語キロク。コメント欄はただ今 閉じています。ごめんなさい。リンクはご自由に!


by Natsu
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31