ハッピープラネット

ロールプレイ・ゲームで楽しく音読♪

ハッピープラネットの記事です。

c0214088_05321527.gif

メインでの取り組みが終わり、いつもは私のクローゼットに管理されているハッピープラネットですが、コロさん、時々、スペースくんが恋しくなるらしく、「スペースくん、いい?」と律儀に許可を求めてきては、各アイテムを楽しんでいます。

ハッピープラネット、我が家のルール

この間も、また「スペースくんで遊びたい」と言い出したので、アクティビティブックを出してあげたのですが、そのついでに私も、未着手の教材などを改めて点検してみることにしました。

すると、スペースくんのAudioBook(CD)の中に[Rolepary Game]なるものが収録されているのを発見。
(実は前に気づいていたのですが、後でやろう・・・と思っていて、スルーしたままでした。)

Rolepary Gameとは何ぞや?という方のために、簡単に説明すると、えいごコミックのAudioBookを使い、なんちゃって声優ごっこが楽しめる、といった内容になっています。

ピックアップされた場面ごとに、あるキャラクターのセリフが無音になっているので、自分がそのキャラクターになりきり、英語のセリフが言えるようになっているんです。

ということで、さっそくコロに試してみることにしました。

正直なところ、初めて触れる教材ではなく、今まで何度も音読していたストーリーでしたから、大きな期待はしていなかったんですが・・・

が!が!が! これがですね、コロさん、ツボにハマってしまったようで、大喜び。3日連続で、これをやっていました(笑)

いやー、こんな単純なことが楽しいんだぁ~とビックリしましたよ 005.gif

ただ 残念に感じたことが一つ。
このRolepary Game、どれも一場面で一つのセリフしか言えないんですよね。練習、本番とステップを踏んで挑める形式は本当によく考えられている!!と思うのですが、最後のいくつかは、長いストーリーでいくつものセリフがいえるパターンも用意しておいてもらえたら、もっと良かったなぁ~なんて。

だって、あんなに夢中になって、セリフを読んでいるんだもの037.gif

せっかくなので、はりきって声優しているコロさんを公開。



↑こちら、私が本を持ち、コロさんはテーブルの向こうで本を見ずにセリフを言っています。
こういった形式だと、喜んで暗唱しちゃうのも新たな発見 027.gif

なので、これを、おうち英語の音読取り組み応用編として活用するならば、ただ一人で黙々と音読させるだけでなく、ママとキャラクターを分担して音読するとか、兄弟で交代ずつ音読するとか、あるいは、もっと高度な取り組みとして、テレビアニメの音声に挑戦させちゃうとか、ちょっとした工夫を加えてみると、音読 あるいは暗唱?!がもっと楽しくなるかもしれませんね。

以上、ハッピープラネットRolepary Gameのご紹介でした!


[PR]
by corocorobox | 2015-07-16 11:07 | ハッピープラネット

今や洋書を買うことが趣味となっている、英語が苦手なママとその子供、ポヨ(♂)&コロ(♀)のおうち英語キロク。コメント欄はただ今 閉じています。ごめんなさい。リンクはご自由に!


by Natsu
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31