つぶやき

勇気をいっぱい貰えた英語育児

c0214088_02091406.jpg

今回は完全なる、私一個人のつぶやきです。

みなさんのお役に立てそうな情報は、おそらく出てこないと思いますので、お時間のある方だけお付き合いください(笑)

このブログで何度かご紹介した、日本ブログ村の「親子英語」というカテゴリーページ。
前にも説明しましたが、主におうち英語を実践されている方々が綴るブログが多数登録されており、私にとってバイブル的な存在のサイトさまも、そちらの上位に常に輝いていました。

が、先ほどブログランキングを見てみたら、そのブログが な・・・い・・・・。

びっくりして、直接、訪れてみたところ「閉鎖」の二文字が。

かなしー。いつのまにー!

が、ブログ主さま、ご本を出版されました。



テレビにもご出演されたそうなので、今後は、そちらの方面で活動を続けていくのかな。
さらなるご活躍をお祈りいたします。

で、今回の記事のタイトルのお話。

そうなんです、私は このタエさんのブログから、たくさんの勇気を貰いました。

ポヨと始めた英語育児。
好奇心旺盛なポヨがどんどん英語を吸収していく一方で、私は、ちょっとした絶望感を抱き始めていました。

だって、私が英語できないんだもの。
週1回の英会話教室だけじゃ、やっぱり限界があるんだよ。
子どもにペラペラ英語を話させたいのなら、お金がいっぱいなきゃダメなんだよね。
インターか、個人レッスンか。でも、うちじゃ、それは無理。
やっぱり諦めなきゃいけないのかな。

そう卑屈に思っていました。

そんな時に出会った「3才からのえいご/お金をかけずに国産バイリンガル」というブログ。

そこには、息子さんと英語が苦手なママが、二人三脚で英語育児に取り組み、試行錯誤を繰り返しながらも、着実に結果を残していく軌跡が記されていました。

そして、インターや高いレッスンに通わせなくても、英語のできないママでも、子どもを英語ペラペラにすることは可能なんだ と、一筋の光を私に照らしてくれました。

もちろん内容の受け取り方は人それぞれでしょう。タエさんの英語育児が「たった一つの成功事例に過ぎない」「単に息子さんの頭が良いだけ」と言われてしまえば、それまでかもしれません。

でも、私の背中を押し、勇気づけてくれるには、十分に余りある内容でした。

どのようなメソッドがあるのか? そのメソッドは本当に効果があるのか? 効率的に進められるのか?といった情報を得ることは、英語育児を始める上で、とても重要なファクターになりえると思いますが、私にとってタエさんのブログは、もっと根っこの部分である、ママのやる気だったり、モチベーションの維持だったり、突き進むための目標だったり、そういった気持ちを持たせてくれるものでした。

そして、私も、このブログで自分が実践してきた英語の取り組みをメインに書いてはいますが、それ以外にも、頑張っているママたちを応援できるような、元気付けてあげられるような、そんな記事も出来る限り書けたらいいなぁ・・・なんてことを思っていたりします。

不定期更新すぎるけど。

とにかく!

たくさんの感謝の気持ちを、少しずつでも、このブログから、ひょっこり覗きに来てくれたママさんたちに還元できるといいな。

ということで、長くなりましたが、これにて独り言を終わらせていただきます。


[PR]
by corocorobox | 2015-01-22 21:00 | つぶやき

今や洋書を買うことが趣味となっている、英語が苦手なママとその子供、ポヨ(♂)&コロ(♀)のおうち英語キロク。コメント欄はただ今 閉じています。ごめんなさい。リンクはご自由に!


by Natsu
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31