ハッピープラネット

ハッピープラネットの世界①

c0214088_05132780.jpg

毎日、毎日、順調に続けているハッピープラネット。

特に「えいごコミック」は、依然、喰い付きっぷりが半端なく、勢いが衰える気配なし。

コロには、「すべてのセンテンスがペンなしで完璧に読めるようになったら、次のストーリーに進んでいいよ」と言っているため、むやみやたら先へは進めないようにしています。

が、当初予定していたスケジュールよりも、大幅に進みがよく(もうStory5の音読も終わっちゃいそう)、これじゃ 他に残っている教材との併用が上手くいかないかも?!なんて、嬉しい誤算が発生しちゃっています。
(だって コロが毎日 英語音読をやるなんてコト、今までなかったんですから~)

このまま、突っ走ってしまっても良いのですが、もうちょっとゆっくり堪能したいという思惑も・・・。



えいごコミックはBook1と2の2冊で、合わせて10話のお話があります。
が、既にBook1の5話まで終了してしまったので、残りあと5話。

Book2は会話のセンテンスが長くなり、今まで通りにスラスラ朗読することは難しそうですが、楽しさも倍増しちゃっているので、コロさん、このままの勢いで突っ走ってしまいそう(苦笑)

ってことで、ここは一つ スローダウンさせるための秘策(?)として、ポヨに、あるお願い事をしてみました。それは・・・

「英語で スペースくんの新しいお話を作ってほしい」

というお願い。

普段から、お下劣なコミックを描いて、友達に見せまくっているポヨ(爆)
この依頼を快諾してくれました。



さてさて、ここで 一旦、話をかえて、スペースくんを描いているロドニーさんのお話を。

公式サイトでも紹介されていますが、今回の英語教材「ハッピープラネット」では、宇宙人のスペースくんとヒカルが旅する、ワクワクドキドキな冒険の世界を、二人と共に体験しながら、楽しく英語が学べるように工夫された教材となっています。

そして、この世界の作画担当をしているのが、ロドニー・アラン・グリーンブラットさん。


え?・・・・・誰?


って始め、思いました。(ごめんなさーーい)


でもでも、「パラッパラッパー」のキャラクターを作った人、と聞いて、あああぁあぁああぁ!!と納得しました。

私、「パラッパラッパー」大好きだったんです。どちらかと言うと、あまりゲームをする人ではなかったのですが、「パラッパラッパー」は何故かハマって、懸命にやっていました。でも、自動車教習所の先から進めなかったという・・・、お気に入りは、タマネギ先生。
弟が全てのステージを見せてくれ、一緒にクリアした気分になっていました(笑)

って、すみません、横道に逸れちゃいましたが、そんなロドニーさんの画。

私にとっては愛着を感じるものだったのですが、正直に言うと、パッと見、好き嫌いがキレイに分かれる画風ではないかな~なんて思っていたんです。

特に女の子はプリンセス系やアイドル系のキラキラとかキュートな感じの絵が、すっごく好きですよね。コロもそう。
なので、失礼ながら 始めは 「子どもたち(というか、コロ)の反応が悪くて、すぐに飽きられてしまったら どうしましょっっ」という不安が少なからず ありました。

が、教材が届き、使い込んでいるうちに 我が子たちは、ロドニーさんのスペースくんを あっという間に気に入ってしまいました。

コロは、ハッピープラネットが届くまで、「FROZEN(アナと雪の女王)」の世界に思いっきり浸りまくっていて、毎日「Let It Go」を歌いまくっていたんです。それが今では、教材CDの「Happy Planet(エリックさんの曲)」をずっと口ずさんでいます(苦笑)

そして、ポヨに至ってはスペースくんの絵描き歌を聞いた途端、速攻、一緒に絵を描き始めていました。



それを見て、負けじと コロも真似をし・・・。

で、思ったのが、子どもって意外と親が思うよりも キャラに対しての柔軟性がある?ということ(笑)

今回、ハッピープラネットのために生み出されたスペースくんは、きっと「自分でもマネして描けそう!」と子どもたちが思うキャラであることが、親しみを感じさせ、受け入れられる要因になったのかな?なんてことを思いました。

そういえば、私も小さかった頃、大好きだった絵本「ピッキーとポッキー」の絵を、何度も真似して描いていたことがあったのですが、水丸さんの絵も、どこかホンワリとした雰囲気が漂う画風だったな、なんてことを思い出し・・・。

とにかく、我が子たちを すっかり魅了してしまったロドニーさんのスペースくん。
そんな背景の元、出来上がったポヨの漫画がコレです!!



結構な超大作(笑)

まさか、こんな力の入った作品を作ってくれるとは思ってもみなかったので、ビックリ。
親ばか度MAXですが、内容もなかなか面白い(笑)

そこで、これを動画にしてみようか?とポヨに提案してみました。

まずは、一コマずつ取り込み(汗)、簡易的な動画を作成。が、ソフトでもっと色々なことが出来ると分かるや否や、ポヨと二人で大盛り上がりし、最終的には、効果音やエリックさんの曲をエンディングに入れるまでの作品を完成させてしまいました。

週末、二人で一台のパソコンを囲みながら、あーでもない、こーでもない、とやり取りした時間が とっても楽しかったです。

ということで、勿体ぶっていますが、動画公開は次回に。
コミックを作成するまでの行程についても、ポヨと少々話し合いながら進めたので、そのお話も含めてご紹介できればと思います!

(今回の記事、今まで以上に 要点がまとまっていない内容で、すみませんでした~ 次回もそんな感じです、ご容赦を。)



[PR]
by corocorobox | 2014-03-27 20:25 | ハッピープラネット

今や洋書を買うことが趣味となっている、英語が苦手なママとその子供、ポヨ(♂)&コロ(♀)のおうち英語キロク。コメント欄はただ今 閉じています。ごめんなさい。リンクはご自由に!


by Natsu
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31