えいごであそぼプラネット

ローマ字を覚える前にフォニックス

c0214088_10315626.jpg

フォニックスの導入時期、人によってマチマチだと思うのですが、我が家の場合、4歳前後でポヨに教えました(詳しくは、こちらの記事

なぜかパパがフォニックス学習に関しては積極的で(比較的、新しい教授法らしく、ポヨで試したかったよう・・・)えいごであそぼプラネットの「アルファベット・ポスター」と「おどれタイポ」。そしてLeapfrogのオモチャDVDなどを使って、取り組みに協力してくれました。(オモチャも出張先でわざわざ買ってきた、苦笑)まぁ、ほんの一時ですがね

正直、英語がまったくダメな私は、当初「フォニックス?なにそれ??」な状態でして、フォニックスがなぜ必要なのか?ということを全く理解しておりませんでした。

が、前記事にも書いた通り、単音ではありますが、フォニックスを覚えたポヨは英語の発音を元にスペルを書こうとしたり、初見でワードが読めちゃったりと、その効果の高さに 非常に驚いたワケです。

そして時は流れ、去年の夏 英語日記を始めた時、改めて「あぁ、フォニックスを覚えさせておいて、良かった~」と思ったことがありました。
それはポヨが電子辞書で和英を引く際に覚えたローマ字に 発音を引っ張られなかったこと。

よく 子どもが早くにローマ字を覚えてしまうと、単語のかたまりをローマ字として分割してしまい、それを元に読もうとするので、クセになってしまうと発音矯正するのが難しい、なんて話を聞いていました。

なので、あえてポヨにはローマ字を教えることはしていなかったのですが、フォニックスを先に覚えていたお陰で、ポヨ、キーボードのアルファベットを探す際には「アーアー」とか「クックックッ」なんて言いながらAやCを探し、ローマ字が並んだような単語に遭遇しても、すぐさまフォニックス読みをして、ローマ字読みをするということは、今も一度もありません。

これは別にポヨがすごいとか言うわけではなく、ひたすら、フォニックスをインプットしていたお陰かと思います。

とにかくフォニックス学習は、一度やっておいて、損はないと思います。
(えいごであそぼプラネットがない方は、iPad・iPhoneアプリのこちらで試してみてもOKかも。コンテンツの中にアルファベット・ポスターと同じものがあるそうです。あ、私はiPadもiPhoneもないので、詳しく分かりませんが、汗)

ローマ字は小学生の低学年で履修されるようなので、英語の読みや発音で苦労させないためには、それまでにフォニックス習得を目指しておいた方がいいかもしれませんね。



[PR]
by corocorobox | 2011-02-10 23:30 | えいごであそぼプラネット

今や洋書を買うことが趣味となっている、英語が苦手なママとその子供、ポヨ(♂)&コロ(♀)のおうち英語キロク。コメント欄はただ今 閉じています。ごめんなさい。リンクはご自由に!


by Natsu
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31