カード作りのススメ

今回は、我が家のおうち英語の駆け出し期、ポヨやコロが簡単な本を自力読みできるようになった辺りにやっていたカード学習?遊び?の取り組みについて書きたいと思います。

すでに過去記事でカードでの学習については、軽くサラッと書いてきたのですが、特別、すごいオススメ!!という感じでは書いていませんでした。が、今、思い起すと、カード学習ってやっぱり効率的で、やりたい時にサッと出来て、とても便利なんですよね。

何で今頃、そこについてわざわざ書き始めたのかと言うと、実はポヨの受験勉強でも、このカード学習が大いに活躍していて、「あぁ!そういえば、おうち英語でも、私、たくさんのカードを作っていたなぁ~」なんてことを改めて思い出したからなんです。

c0214088_20234691.jpg

↑こちら、英検 Jr.ラーニングで作ったカード



↑市販のカードでは、こんなのも。


手作りカードの場合は、大体、カードを二枚一組にして作り、カルタ的な遊びをしていました。
↑の英検Jr.ラーニングカードでいえば、初めは絵とセンテンスのカードを両方バラまいて、組にしていく、次に絵だけのカードにして、私がセンテンスを読み上げ、ポヨがそれを取る。最終的には絵を見て、ポヨがセンテンスで答える、といった感じです。

私は出来るだけラーニングで聞いた発音で言えるように心掛けてはいましたが、ネイティブの発音には程遠かったと思います。それでも、当時は絵本の語りかけ同様、頑張ってやっておりました(苦笑)

これらのカード、我が家の場合、家だけでなく、外で活用することも意外と多かったんです。

お散歩の帰りにカフェへ寄った時や図書館に行った時、双方の習い事の待ち時間、電車移動の時など、ちょっとした隙間時間があると、すかさずカードを出して、やっていたんです。

今は、iPadで出来る学習アプリなどもあって、そっちの方が親としては楽なんでしょうが、私はどうも古い人間なもので、デジタルよりアナログでやる方が好きだったんですよね。何より、「まだ理解していないな~」といった所をカード化して、子供に合わせたオリジナル教材が作れるというのが、カード作りの大きな強みでした。
(あと下品カードもたくさん作れますよ!)

そして、自分で言うのもなんですが、隙間時間に「何かをやる」という執念が昔は、物凄かったように思います。

カフェで幼稚園児だったポヨにフルセンテンスで英文を言わせる取り組みをしていた時は、隣に座っている人たちから白い目で見られるなんてことはザラでしたが(汗)

でも、子供たちはとても楽しんで取り組んでくれたんですよね。
特に、ママと勝負ね、なんて言って、ゲーム方式でやると、とても燃えてくれました。ママは英語が苦手ってことを子供達が知っているので、このような事を対等な立場で出来たことも大きかったと思います。

取り組みが習慣化できない、パッとやってパっと終われる様な取り組みをしたい、とお悩みのママさんは、家でも、外でも、すぐに出来る、カード学習の取り組み、ぜひ取り入れてみては如何でしょうか。


最後にカード作りの味方である、こちらの紹介を!



ラミネーター機!

我が家は初期の頃は厚紙で印刷して、それを持ち歩いていたのですが、それでも、しばらくするとヨレヨレになってしまうので、ついにこちらを投入したのでした。

なにより、この機械を使うことによって、カード作りが楽しくなった、というのが私にとっては一番大きかったかも(笑)



[PR]
by corocorobox | 2016-02-25 10:30 | 英語の取り組み
ポヨの英検結果が発表されたので、そのご報告を。

c0214088_04531218.jpg

無事、合格できました。

この点数が良いのか悪いのかは よく分りませんが、合格できたんだから、ヨシとしよう!


試験当日はパパが珍しく付き添い役を引き受けてくれたため、全てお任せすることに。

試験が終わった後、ポヨから話を聞いたパパの感想は「大丈夫でしょ」の一言だったので、私から、どんな設問が出たのかなど、問題の内容については詮索することなく、発表日を迎えたのでした。

あ、でも一つ気になったことがあったんです。それは、担当してくれた面接官の方。アクセントの強い日本語英語だったようで。

ポヨから試験数日後に、その話を聞かされた私は ドキッとして「え?じゃぁ、聞き取りにくかった??」と質問したところ、「そんなことないよ。普通に聞き取れた」との返答。

そして、


「お母さんの英語に比べたら 数百倍マシだったよ」


という、非情な言葉も合わせて返ってきたのでした。





悔しいので「お母さんの英語で鍛えられたから、問題なく聞き取れたんだよ!!」と言ってやりました。

実は今回の面接対策、パパに全面協力してもらう予定が、あろうことか長期出張でパパ不在という事態になり、まさかの私が指導。

ポヨには英語→和訳というパターンでの回答をお願いし、私は対策本片手に棒読み英語で面接官役を敢行(でも事前に何度も練習して頑張ったのっ)

そんな流れで こなした演習問題6問。

大変は大変だったのですが、久しぶりに復活した親子英語で、母はちょっと楽しかったのです。

それが・・・息子から そんな風に言われるとは。思いっきり凹みましたよ。

ちなみにですね、そんなポヨの英語の発音。パパ曰く「フィリピンなまり」との事(爆)
(コロの方がネイティブに近いと)

もちろん、ポヨ本人は、そんなこと気にしてません(笑)

私も ポヨ・コロの発音の違いなぞは良く分らないので(あはは)

機会があったらポヨの暗唱なんかもUPしたいと思っているのですが、彼は中々忙しくて、ビデオに撮っている暇がないのですよね。
(しかも、YouTubeにUPするなんて言ったら、嫌がりそうだし・・・)

前にも書きましたが、私は子どもたちの英語の発音について、「悪い」とか「綺麗じゃない」といった評価は全く気にしていません。

というか、やっと気にならなくなりました(笑)

やはり英語育児を始めた当初は、綺麗な発音に大きな憧れがありましたから。
英語ダメダメな私にとって「英語ができる」は、イコール「綺麗な発音でペラペラおしゃべりができる」ことだったんです。

それが今、「発音は、まぁいいかな」と思えるようになったのは、ポヨが英語を単に「話す言葉」としてだけでなく、場面場面に応じて、さまざまな形態で活用し、自らの知的欲求を満たしていく姿を見せてくれたからでした。

そして、これからも広がり続ける 彼の世界の、たった一部分である、英語というツールに占める「発音」なんてものは、とるに足らない ちっぽけなモノなんだと、感じるようになりました。

仮に この先、彼自身が英語の発音で悩むような事があったとしても、私はもう、本人の課題として乗り越えてもらえればいいのかな、なんてことを思っているんですよね。

ポヨもコロも「英語ができる自分」というものに、とても大きな自信を持ってくれています。
(コロさん、いっちょ前に将来の夢は「英語の先生」とか言ってます、苦笑)

親としては、もうそれで十分かな、なんて。

あっ! もちろん、これは 英語が恐ろしいほど無能である私の場合。。。のお話です。英語育児、拘りどころは人それぞれですからね。

でも、子どもが成長し、さまざまな可能性を見せてくれるようになると、小さな世界で固執していたものが、「別にいいか」と思えるようになることも もしかしたら あるかもしれませんよ。


[PR]
by corocorobox | 2015-11-20 20:30 | 英語の取り組み
ポヨと英検二次試験の対策を始めました。

始めはネットで情報を収集し、それを元に対策を練ればいいかなと軽く考えていましたが(3級の時がそうだったので)、なかなか良い情報サイトを見つけることができず、近所のBOOKOFFにて対策本を購入しました。

いくつかあったのですが、ここは王道である旺文社様の本をゲット。

少々古いですが、問題の雰囲気が掴めればよし!ということで、まずはポヨと一緒に英検公式サイトにある「バーチャル二次試験 準一級」を視聴。

その後、さっそく対策本にある例題の一つをナレーションしてもらうことにしましたが、英語で話されても私はチンプンカンプンなので、「とりあえず日本語で話してみて」とお願いしました。

ちなみに準一級の面接試験ですが、面接時に4コマ マンガ風の絵が描かれているカードが手渡されるので、それを一コマずつ英語で状況説明していく、という内容になっています。

ということで、以下、ポヨが初めて挑んだナレーション(日本語バージョン)↓

c0214088_03102460.jpg

「いい化粧品がありますよ」と男の人が言ったが、女の人は迷っている。




c0214088_03102775.jpg

しかし、結局、買ってしまう。




c0214088_03103072.jpg

ゲゲ!




c0214088_03103399.jpg

オーマイガー!

・・・これで いい?












「はいっ 不合格!」


後半から思いっきり 雑になりましたよ。
手元にハリセンがあったら、力の限り 頭をはたいてやりたい衝動に駆られました(古)


そんな感じで、不安一色で始まった我が家の面接対策。どうなることやら・・・です。
あぁー、たのむよ~、ポヨさ~ん。

[PR]
by corocorobox | 2015-10-29 09:10 | 英語の取り組み
英検試験結果が発表されましたね。
ポヨさん、無事、一次通過しました。
c0214088_00405624.jpg
内訳はこんな感じ。

語い・熟語 22/25
読 解  23/26
リスニング 28/34
作 文  8/14

リスニング、持って帰ってきた問題用紙では正答していた問題が一問、ミスっていた模様。

そして作文。正直、もうちょっと点が取れていたら・・・なんて欲張りな事を思わなくもないですが、とにかく良く頑張りました!

さぁ、次は二次の面接です。
8割が合格できると聞いていますが、どうなんだろうなぁ~。

[PR]
by corocorobox | 2015-10-26 21:00 | 英語の取り組み
ポヨ、ただいま10歳。
幼稚園児の時に受けた3級以来の英検受験に挑戦してきました。受けた級は準1級。

実は今年の夏前からずっと「英検 受けたい」と騒いでいたポヨ。お友達が準2級を取得し、ライバル心に火が付いた模様です。

なので、「そんなに受けたいのなら仕方ない、受けさせてあげよう」と、ここぞとばかり親の威厳をかざし、恩着せがましく申し込んであげました(笑)

で、さっそく自己採点の結果。

◆筆記
大1(語彙問題) 22/25
大2(長文読解) 5/6
大3(長文読解) 18/20
大4(作文) ?/14

◆リスニング
Part1 11/12
Part2 11/12
Part3 8/10

作文問題は添削できないので、これを抜くと、合計75点となりました。

正直、ちょっとビックリな結果です(汗)
私の採点ミスを疑い、何度も確認してしまいました。

これは、テストが簡単だったということなのかな・・・。


ここ最近の合格点を見ると、
2014年10月 71点
2015年1月 65点
2015年6月 73点

となっています。

なので、マークミスさえなければ、合格できるかもしれません 005.gif

実は私、「今回はダメかもなぁ」と覚悟していたんです。

なぜなら、ポヨさん、試験が終わった後、「リスニングが超難しかった。ぜんぜん自信ない・・・」とゲッソリしていたから。

いつもなら、テストの後は大概「やるだけやった」とか「力は出し切った」という言葉を発することが多く (でも、決して「できた」とか迂闊なことは言わない、苦笑)、結果も それなりの成果を出してくれていたので、そういう雰囲気にすっかり慣れてしまっていたんですよね。

それが、一転 このネガティブ発言。一瞬、狼狽えてしまう母。
そして思わず「そっかー、じゃぁ、美味しいものを食べにいこー!」と即効、話題をそらしてしまいました(苦笑)

心の中では、緊張しちゃったのかな~、過去問 本番のように通しでやらせなかったしな~ 集中力が切れたかな~ なんて事を考えていました。

だから本当に驚いています。


ちなみに対策は過去問3回分。

空いている時間を使って、大1だけ、とか、リスニングのpart3だけ、といった感じで行い、唯一、作文だけ、パパに解説してもらいました。

一応、三回分とも、作文を8点取れていると仮定すると、合格ラインを超えるという感じだったかな。

今回の作文は果たして何点 取れているのか、気になるところです。

そうそう、ポヨさん、英検の試験でゲッソリしていたもう一つの理由に、筆記のテスト時間が余って余って仕方なかった、ということを言っていました。

マークミスをしていないか2回確認し、作文のスペリングチェックも2回したけど、まだまだ時間が余っていて、苦痛だった・・・と。
でも、そうやって入念にチェックするあたり、テスト慣れしてきたな、と変なところに関心した母でありました。



とりあえず!!

合否の発表が23日とのことなので、それまで悶々と待ちたいと思います。

[PR]
by corocorobox | 2015-10-16 13:00 | 英語の取り組み
c0214088_00460709.jpg

英検受験日が近づくと、このブログのアクセス解析に「英検」「幼児」「対策」「面接」といった検索ワードが上位に上がってくるのですが、今回の1月受験で多かったのが、なんと「英検 インフル」とか「英検 熱 受けたい」なんていうワードの組み合わせ。

過去に、ポヨが5級を受験しようとした際、インフルになってしまい断念したという話をちょろっと書いたので、それが引っかかったのでしょうね。

これがお子さんの英検受験なのか、はたまた受験者本人なのかは、検索ワードだけでは判別できませんが、今後のために一言、書いておきたいなぁと思ったので、ちょっとばかり記事を立ち上げてみました。

もしも、もしも、お子さんの英検受験で悩まれているママさんだったとしたら。

お願いです。どうか無理をさせず、お子さんを休ませてあげてください。
そして、その時にお子さんを安心させる一言を必ず言ってあげてください。

私も当事者だったので、悩んでしまう気持ちは本当に良くわかります。

我が家の場合・・・
● まず、熱が37.5度と中途半端だったこと(笑)
● 受験時間が午後だったこと。
● 本人、ダルそうにしていたけれど、そんなに絶不調という感じでもなかったこと。
● あと検定料が勿体ないなぁ・・・と思っていたこと(爆)

踏ん切りが付かず、10分おきに熱を測っていました。

が、そんな私を見てパパが一言
「いい加減、諦めてよ。熱がある状態で受けさせても本人の負担になるだけだよ。ポヨと英検、どっちが大切なのよ」

この言葉で冷静さを取り戻せました。
初めての英検受験で、少し舞い上がっていたんだなぁ、私。

そして、ポヨの元へ。
「もう英検はいいから、今日は ゆっくり休もうね」と声をかけました。

この言葉を聞いたポヨは心底ホッとした様子でした。
でも、その後すぐに ポヨの口から出てきた言葉は「ママ、ごめんね。次は絶対、がんばるから」といった、私への謝罪でした。

今でもこの言葉は、はっきりと覚えています。
(その後、病院でインフルが発覚。本当に行かせないで良かった042.gif

ポヨが小学生となり、コーチングや児童心理学を学ばせてもらう機会を持ったことで、改めて強く感じたのは、「子どもは ママからの愛情を常に欲している」ということ。
そして、その愛情を ママから注目してもらえることで 確かめようとしている、ということです。

ママが幼児である子どもに英検をトライさせる動機は、大体「子どもが興味を示しているから。」や「本人がチャレンジしてみたいと言い出したから。」というパターンが多いと思います。ポヨもそうでした。

でもでも、それは表面上の理由にしかすぎません。子どもの一番奥底に隠れている本当の理由。
それは「英検を受けるとママが喜んでくれるから。英検を受けたら、もっと自分に注目してくれるから。」この理由に他ならないんですよね。

だからこそ、ママ自身が 無理をさせない決断をすることが大事なんです。

そして熱で英検が受けられなくても「大丈夫だよ。今日はゆっくり体を休めようね」と言って、最後には「ママは どんな時だって 貴方が大好きよ」と、子どもが安心する一言を 是非かけてあげて欲しいと思っています。

子どもが消沈しているのは、英検を受けられないことではなく、ママからの愛情が薄れてしまうのではないか、という心配なんですから。

そして、タイトルの話に戻りますが、結論は

1月の英検受験は避けよう!

ということ(笑)

たとえ、自分が元気でも、試験会場で病気をもらってしまう恐れもあります。
そして3級以降はその後に面接があり、それでまた気を揉まなければいけません。
天候の問題だってあります。

6月や10月がまったく安全、というワケではないですが、1月よりリスクが少ないんじゃないかなぁ、なんて。

我が家は、しばらく英検を受ける予定はありませんが、受けるとしたら、やっぱり1月は避けようと思います。


+++++++

写真の手紙はコロが書いてくれたもの。

彼女からの手紙を 写真に収めて収集するようになってから、送られてくる手紙の数が膨大になりました。この写真を見て、本人ニヤニヤしています(苦笑)

「ママのことが大好き」という気持ちも、たぶんあると思いますが(笑)、根底にあるものは、やはり「もっともっと自分を見て」という彼女なりのメッセージなんでしょう。そして、私が写真を撮ることで、自分に振り向いてもらえている満足感を得ているんじゃないかな。

まだまだ5歳児、ストレートな方法で 可愛すぎます。

(※ 当たり前ですが「自分を見て欲しい」という表現は、子どもそれぞれです。全てがポジティブな表現とは限りません。
「ママなんて、大っ嫌い」といった言葉にも また「もっと自分を見て欲しいのに」というメッセージが隠れていることを忘れないでください。)

そうそう、児童心理学の中に、普段出来て当たり前と思っている子どもの行動を、親がたくさん注目してあげることにより、子どもの良識ある行動がグングン増えていく、というものがあります。

これは、無理に褒める必要はないんです。「○○ちゃん、片付けをしてくれたんだね」「一人で着替えたんだね」「お洋服をたためたね」子どもの行動を口に出してあげるだけでいいんです。でも嬉しそうに。

いつもはスルーしている お子さんのちょっとした行動、 ぜひ、注目してあげてください!

[PR]
by corocorobox | 2015-01-29 09:30 | 英語の取り組み


現在の英語力

こんにちは!
久し振りに英語ネタ いきます(笑)

とはいっても間が空いてしまったので、「ポヨ・コロの現在の英語力は、どれくらいか?」について、ご報告をしたいと思います。

まず、ポヨ。ただいま8歳です。

英検は幼稚園の時に取った3級を最後に、その後、全然トライしておりません(苦笑)
理由は本人が「乗り気がしない」と、受験拒否をしてきたから~~

4級・3級と満点合格をしてきたポヨ。その後、1年生の時に2級の過去問をしたところ、6問くらい?不正解を出したんです。そしたらですよーーー、スネはじめてっっ 「満点とれないから受けない!!」と。

準2級なら、まぁ、満点も狙えるかな~という手応えはありましたが、何で2級が合格圏内なのに、わざわざ・・・って感じだったので、放置決定(爆) 
無理やり受けさせても、意味ないですからね。変なプライドが崩れたあたりに、またトライしてもらおうということになりました(苦笑)

で 月日がたち、昨年末、暇そうにしていたポヨを捕まえて、お馴染み、英検サイトにある「級別に試して、プチ英検」をやらせてみたのです。

まずは2級から。すると「簡単~!」とスルスル解いて全問正解!
じゃぁじゃぁ、次は準一級行ってみる?と本人を乗せて、半分正解(5/10問)できたらクリアね!と目標設定を低くしてトライさせたところ、何と、これが予想外の全問正解。

びびびっくり!
ここで興奮したママ、さっそく準一の過去問を印刷して、大1(短文穴埋めの語彙問題)をやらせてみました。

25問中、正解は・・・・・








8問

〇| ̄|_ ガックシ・・


期待しすぎてしまいました。

さすがに準一級はまだ早かったようです。
ただ、その後、本人と間違えた箇所を含めて、どのボキャブラリーが分からなかったかを確認したところ、意外と多くの単語を知っていたことが発覚。知っているけど、似たような語彙が並んでいるため、迷ってしまったというパターンが多かったのでした。どうやら、まったく歯が立たないって訳ではなさそう。ちょっとだけ希望を見出しました(笑)

そんなワケできっと、英検レベルでいえば、ポヨは2級と準1級の間にいる感じなのかな。
なので、ここまで来たら、もう2級は受けずに、準1級狙いで行きたいと思います。英作文もあるので、1年後の受験を目標に!

最後に現在の英語取り組みについて。
今は多読とWebレッスンを主軸に頑張ってもらっています。
余計な情報ですが、ポヨ、結局、中学受験をすることに決めました。新4年生となる来年、塾通いをスタートさせる予定です。

よって、今後のポヨの英語に関して言えば、英検取得を狙う事以外では、それ以上の大きな飛躍は特に望まず、現状の取り組みを積み重ねて、中学までの間、何とか英語力を維持させていくという目標にシフトしていく感じでしょうか。
おそらく5年生後半あたりからは、多読のみで、何とか繋げていってもらいたいなぁ、と考えています。


■ポヨが読んでハマっていた本

    

いろいろなグリム童話が合わさって、新たな話になっているとか?


■オンライン レッスンで取り組んでいるワークブック(ライティング)



Grade4-6用なので、なかなかレベルが高いのですが、ポヨのライティングのレベルを見て、先生が「これで大丈夫」と。。。

ニュース記事を読んで書かせる問題から、想像の世界について書く問題など、幅広くカバーしています。ポヨはやっぱり自分でお話を作って書く方が好きみたい。


*:;;:*+*:;;:*+*:;;:*+*:;;:*+*:;;:*+*:;;:*+*:;;:*+*:;;:*


次にコロ。ただいま4歳

彼女の英語力・・・客観的な目安がないので、ズバリ言えないのですが、英検5級は、まだまだ遠いレベルだということは、はっきりしています(苦笑)

家の中での取り組みから見ると、簡単な本(1ページ1行)を音読し、ポヨが英語の絵本を読み聞かせてくれる時、時折ふざけて英語で絡んでいる(?)というレベルでしょうか。なお、一回、Webレッスンを試しにやらせてみたら、玉砕しました。

彼女を見て思うのは、耳で英語を一気に吸収してきたポヨとは違い、視覚によって英語を段階的に吸収しているということ。

コロ、暗唱もするのですが、耳から覚える量はさして多くありません。ですが、その後、本を見せながら音読CDを聞かせると、音と文字が繋がり、本を読みながら きちんと音読ができるようになるというパターンです。

とはいえ、音読の取り組みに関しては、まだ本人の気が向いたら・・・という程度にしかやっていません。

ちなみに、コロが張り切って音読してくれる本は、何とこちら。

おおきいJBとちいさなハリー


旧プラネットの教材となります。朗読CDとセットになっていました。
決して、公式ブロガーだから・・・ってワケじゃないんですよっっ 

本当に、コロも JBとハリーのシリーズが大好きなんです。その他のシリーズはまだ怪しいのですが、この「Big JB and Little Harry」は、そこそこのページ数があるのにも関わらず、完璧に音読できます。

ポヨはこちらのシリーズ、一気に暗唱して本を見ずにスラスラ言えるようになってしまったのですが(同じく4歳おわりの時)、コロは文字を追って、丁寧に読んでいます。

やっぱり楽しい音読CDを聞いていると、一緒に声を出して言いたくなるのかもしれませんね。
我が家には なくてはならない本たちです。

それ以外では、Brand New Readers Red Set


一人でボソボソ言いながら、読んでいます(笑)

こちらは、いろんなブロガーさんが面白いといって紹介されていたので、気になり、コロ用として買ってしまいました。ショートストーリーの本がセットになっています。どのお話も最後には、ちゃんと楽しいオチがあって、おすすめです。
我が家はRed Setのみ買いましたが、Blue・Green・Purple と、たくさんのシリーズがありますヨ。

次にサイトワード。こちらに関しては以前、この記事で紹介したサイト(Dolch Sight Words)の①Pre-Primerが終わり、②Primerの途中まで進めています。とってーも、のんびりペース。

昔の記事にポヨ用の絵本を作ってあげたという話を書きましたが、やっぱり彼女にも絵本を作ってあげたんです(避けては通れない試練?苦笑)

ですが今回は、何といっても心強い脚本家がいるので(笑)、ポヨにチェックしてもらいながら、簡単なプリンセスの物語を描きました。

せっかくだから、恥を忍んで その絵本を一部公開~と思ったら、見つからんがな!!
コロ~~、どこに持って行ったんだよ~~
(作ってあげた当初は喜んで、何回も読んでくれたのですが・・・)

ちなみに、私が絵本を作っていた時、ポヨも「じゃ、ぼくもコロに絵本を作ってあげる」と言って、作ってくれた本がこちら。(こっちは、見つかったっ)




えーっと。 思いっきり、アナタの趣味よね?





文字おおい、文字おおいっっ ママも読めないから!!



・・・てな感じで、ポヨの時と比べると、コロの取り組みは非常に まったりといった状態です。

正直なところ、もっと色々やりたいっという衝動も あるのですが、やっぱり今は「英語が分かると、楽しい世界がもっと広がるんだよ」という事を理解してもらうことが大前提なので(この気持ちを大切に育てていく事で、ゆくゆく大きな原動力になるとポヨの時に実感したので)、まずは彼女のペースをきちんと図りながら、コツコツ続けていきたいと思っています。

以上、サラッと書くつもりが、結局、長くなりました~~
[PR]
by corocorobox | 2014-02-11 10:30 | 英語の本


準2級の面接練習

ポヨ、ただいま7歳。
先日受けたオンラインレッスンで、準2級の面接練習をしてもらいました。(受験する予定はないのですが、現在どれぐらいのレベルか把握するため)

準2級の二次試験テストは、手渡される問題カードの中にパッセージ(文章)とイラスト2種類が描かれていて、それに関する質問をいくつかされるというものでした。

先生が過去問?(もしくはオリジナル?)の問題を元に、いくつか質問をしてくれたのですが、ポヨにとってはちょっと簡単かな?と思える内容が多く、これだったら準2級はパスして、2級を受けてしまってもいいかな?なんてことを思いながら、その様子を横で見ていました。

初めは淡々と設問をこなしていたポヨ。が、簡単な問題に飽きてきたのか、だんだんと集中力が・・・。

おそらく、先生もそんな雰囲気を感じたのでしょう。突如「ポヨらしい、創作した答えを出してもいいよ」と一言。

ポヨが「Sillyな答えでもいいの?」と聞くと、頷いてくれる先生。すると、途端に目がキラキラ輝き始め、やる気が復活。そして、出された次の設問。


Look at the boy in this picture. Please describe the situation. 

c0214088_11144722.jpg

ちなみに模範解答は「He can't get a drink because he is afraid of the dog.」といった内容が答えられれば良いそうです。

が、ポヨの答え↓↓↓


The boy walked over to the drinking fountain to drink water, but the dog who was tied to the tree next to the fountain said " Don't drink the water! The water is poisonous!! " The boy startled, took a step backwards and decided not to drink the water.

The dog continued to talk. " There's an evil company that is trying to take over the world by putting hypnotizing poison in the water fountains. Untie me and let's work together to save the world!!! "

(これ、後でポヨに頼んで書き起こしてもらったものです、汗。要約すると、『犬が「その水は毒だから飲んじゃダメ!悪いやつらが世界征服しようとしてるんだよ!だから、ぼくと一緒に世界を救おう!」と言っている』という珍回答。)







ファンタジーか。

先生も大笑いしてくれ、大満足のポヨ。

もちろん、その後「私はその答え、とっても好きだけど、テストの時はこんな風(↑の模範解答)に、答えた方がいいかもね」と釘を刺してくれてホッとした母なのでした(苦笑)


でも、本当にコレ、本番でやったら不合格になるんでしょうか、それとも文法ミスなどなく、ちゃんと英語で説明できていれば大丈夫なのでしょうか。ポヨにこれを本番でやってほしいような、ほしくないような・・・そんな気持ちになった英検面接練習なのでした(笑)



[PR]
by corocorobox | 2012-08-20 10:10 | 英語の取り組み
英検関連の記事が続いてしまいますが・・・。

先日、本屋さんの英検コーナーに立ち寄ったところ、数々の英検対策本の中に 小学生用の問題集も刊行されているのを発見し、ちょっとビックリしました。
(今更な話題かもしれませんが)

  

急いで2級対策本を探してみたのですが、残念ながら、まだ4・5級しか出ていないようで・・・。
(旺文社様~~ 出してくだされーー)

ひとまず、中身を確認したところ、イラストが満載だったり、漢字にルビが全部振られていたりと、小学生だけでなく、幼稚園児でもママと一緒に学習するのであれば、十分活用できる内容になっていました。

幼児・小学生が学習できる、英検を対象にしたプリントって、真っ先に浮かぶのは公文、あとは学研?そして、パルキッズの英検ドリルあたりが該当すると思うのですが、どれも気軽に試せるものではないですよね。

多読だけでも4・5級の実力は付くと思いますが、もっと効率的に、英検取得に目標を絞って英語学習をしたい!と思っているママたちにとって、この手の書籍が沢山出てくることは喜ばしいことなのかな、なんて。

ちなみに、こんなものも発見。

  

こちらは児童英検を対象としたキクタン。

単語全てを確認したわけではないですが、サイトワードの取り組み、こちらを併用すれば、楽しく出来そうですよね。

まだ英検はちょっと早いけど、とりあえず、かけ流しだけでも何かよい素材はないかしら・・・と考えているママにも良いと思います。

******

幼児の英検受験は、色々な考え方があると思うのですが、私が前回(4級を)受験させて良かったな、また次回も機会があれば挑戦させてみたいな!と思ったのは、英検を受けることにより、ポヨの中で「親がいなくても1人で試験を受けれた!自分はやれば出来るんだ!」という大きな自己肯定感を育むことができた と実感したからでした。

一言、英検受験といっても、幼児にとっては、さまざまなハードルがあります。
それを乗り越えられた自信というのは、とても大きかったんじゃないかな?と 感じています。

子どもが大きくなると、なかなか、親子二人三脚で挑むテストというのも少なく なってくると思うので、もし、どうしようかな~と迷っている方がいれば、私は ぜひぜひ、チャレンジしてみてほしいな、なんて思っています。
(もちろん、子どもに無理させないことが大前提ですが☆)

ちなみに我が家の4・5級対策は、こちらの記事にて ご紹介させていただきました。
英検4級(5級)の取り組み

[PR]
by corocorobox | 2012-03-14 00:30 | 日本語の本


英検3級 結果

今更なんですけど・・・英検3級の結果をご報告。

まず、一次の筆記


満点合格でした!


そして、二次の面接


満点合格でした!



三月あたまに合格書を頂きました、ありがとうございます。


< 追 記 >
対策についでですが、3級に関しては過去問を三回分 行っただけです。
4・5級については、前にこちらの記事を書かせて頂きました。
英検4級(5級)の取り組み


[PR]
by corocorobox | 2012-03-12 15:41 | 英語の取り組み

英語が苦手なママとポヨ(♂)とコロ(♀)のおうち英語キロク。コメント欄はただ今 閉じています。ごめんなさい。リンクはご自由に!


by corobox
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31