Atchoo!  * ポヨとコロの成長日記&ママの雑記 * box03.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

11歳児ポヨ(♂)と7歳児コロ(♀)の育児キロク。コメント欄はただ今 閉じています。ごめんなさい。リンクはご自由に!


by corobox
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

タグ:知育玩具 ( 12 ) タグの人気記事


世界地図を英語でお勉強


前回、我が家で取り組んでいる世界各国のお勉強について、ちょこちょこと書かせていただきましたが、そういえば、ハッピープラネットに素晴らしい教材があったことを思い出し、せっかくなので教材紹介の動画を作成してみました。

今回、ご紹介するのは、ハッピープラネットの教材の一つ、「Around The World」☆
おしゃべりする世界地図のポスターです。

何と こちらの教材を、ポヨさんに英語解説してもらいました。

なお、普通に「やってほしい」とお願いしたら、速攻で断られたので、iPadのプレイ時間を10分増やす条件で、渋々承諾してくれました(苦笑)

そんな、やる気のなさが節々に表れている動画はこちらです↓↓



いえーぃぃ・・・ 完全にやっつけ感 丸出しです。。。

動画を撮る前に「いくつかの国や旗をタップする時、ポヨが知ってる その国のちょっとした情報なんかも加えてみて~」とか「見ている人に興味を持ってもらえそうな感じで説明してみて」なんてリクエストを出していたのですが、全く反映されていないという・・・。

必要最低限の説明かよ!! もっと盛り上げてくれよ!!
・・・と母は心の中で悶々としていたものの、いきなりは無理か(苦笑)

そんでもって、撮り直しなんてしようものなら、苦情の嵐になりそうなので、一発採用です。

ということで、私からも簡単な補足を。

ハッピープラネットは こちらの「Around The World」を含め、今まで蓄積してきた英語を親子で楽しくアウトプットできる教材が揃っているのではないかな?と思っております。

実は、こちらのポスター、この記事を書くために久しぶりに出してきたのですが、ポヨ(11歳)・コロ(7歳)でペンを奪い合い、激しい兄妹英語を展開しておりました(汗)

国の名前が英語名で読まれるため、日本語名でしか覚えていないコロさんは、クイズで苦戦する場面もありましたが、ポヨさんが英語でヒントを出してくれたりして、一応、楽しくプレイしておりました。こういった事を遊び感覚で学べるのは、良いですよね。

(ちなみに、右上に日本語と英語の切り替えモードがあり、日本語で地図を活用することも可能です。)

こちらの地図、すべての国に対応はしておりませんが、『文化的に重要で、日本になじみのある国 60か国』を選んでいるとのこと。覚える量的には ちょうど良いのではないかな。

主要な国がピックアップされているので、コロさんには、この機会に英語名でも覚えてもらおうと思います!

以上、ハッピープラネットの教材紹介でした。

[PR]
by corocorobox | 2016-09-07 09:30 | ハッピープラネット

リオオリンピック!


閉会式まで残り少ない日数となってきましたが、みなさん、応援していますか!
我が家も ずっと盛り上がっておりますよ、ガンバレ、ニッポン!!

さて、8年前の北京オリンピック。テレビ中継中に表示される各国の国旗にポヨさんが魅了され、そこから世界すべての国旗を覚えてしまったのでした。




始めに買った知育玩具がコレだったのですが、今は販売していないようですね。
が、こちらの玩具、確か100カ国ほどしかなかったので、追加で買ったのが、こちらだったんです。



1~3まであります。1日十数枚程度、フラッシュして覚えてもらっていました。

ちなみにコロさんは4歳の時に100カ国だけ覚えて終了(なんか、もう飽きちゃったようで・・・)

幼少期に国旗を覚えてもらったから・・・かどうかは分かりませんが、お二方とも世界の国々のニュースについては、大きな関心を持って話を聞いてくれます。

なのでオリンピック期間中の今、コロさんには再度、主要な国々の基本情報について隙間時間を見つけて学習してもらっています。

参考にしているサイト
探検しよう みんなの地球
キッズ外務省
JAL旅プラスなび

こちらも併用しています。



我が家はオリンピックに絡めてコロと各国の話をしていますが、「どこの国に旅行へ行きたいか?」なんて身近な話題から話を広げてみるのもおススメです。

ちょっと前に買った、こちらの本も我が家でヒット中!




ちなみにポヨさんは幼稚園児の頃、大体の国について学習したのですが、彼が一番興味を持ったのは中東の内戦についてでした。幼稚園児にも理解できるような資料が見つからず、苦労した覚えがあります(苦笑)

またその流れから国連の活動についての話をしたり・・・。

国連Kids

こちらは中高生対象のサイトととして資料がまとめられています。子供との学習に活用するというより、まずは親である自分が、それらの資料に目を通し、知識を得ることが大事かな、なんてことを思います。

深い内容とまでいかなくても、国連という組織があること、どのような活動をしているのか?国際的な事件があった際、我々はどのようなことを考えなければいけないのか?といったことは、子供との日々の会話の中で触れておくと良いですね。


みんなの国連

あっ こちら、小学生でも理解できるサイトがありました!(昔はなかったような・・・)


以上、そんな感じです。
夏休みも、そろそろカウントダウンの時期になりましたね。暑さに負けず、頑張りましょう~。

[PR]
by corocorobox | 2016-08-17 09:00 | その他お勉強の取り組み

今回は我が家で活躍している勉強道具箱および文房具についてのお話しでも。

我が家の子供たち、勉強場所は基本、リビングでやっておりますが、ポヨさんはダイニングテーブル、コロさんはテレビ前のラグスペース上に仮設した折りたたみ机、と敢えて二人を隔離しております。

なぜか?

そんな事はもうお分かりですよね。二人をくっ付けると、互いに ちょっかい出しまくりで全然 勉強が進まないからです!!

が、ポヨさん不在時など、コロさんが一人で勉強する場合は、ダイニングテーブルだったり、折りたたみ机だったり、勉強部屋の学習机だったりと、好きな場所でやることを許可しております(彼女は気分屋さんなので・・・。もちろん、勉強中の移動はNGです。)

そんなコロさんの勉強で 一年ほど前から活躍しているのが、こちらの道具箱。

c0214088_08522796.jpg

じゃーん!(っていう程の物でもないですが、汗)

コレ、私が発案したものではなく、Pinterestで見つけて真似した物です。(アメリカでは"portable homework station"なんて呼ばれ方をしているようです。画像検索すると、たくさん出てきますね!)

コロさんの様にコロコロ勉強場所を変える子でも、この勉強道具箱さえ傍にあれば、ノープロブレム!!すぐに勉強が開始できて、何かと便利。(ポヨさんの道具箱も、この半分の大きさですが ちゃんとあります)

一応、リビングにも文房具類がしまってある引き出しがあるのですが、いちいち出し入れする手間が省け、しかも、片付けが楽チンなんです。私は出来る限り、ダイニングテーブル周りは何も置かず綺麗にしておきたい派なので、似たような性格の方には、こちらの道具箱、とてもオススメです(笑)

コロさんの箱に入れているものは、辞書(国語・漢字)、ペン(鉛筆・色鉛筆・マーカーなど)、けしごむ(5~6個)、ものさし(短いの・長いの)、分度器やコンパスのセット、そろばん、電卓、セロハンテープ、のり、はさみ、ホチキス、小さいノート(間違えた漢字や弱い問題などを記録)、ヘアゴム・ピン、算数セットのおはじきと時計。結構イロイロ入っています。

入れる箱は何でも良いと思いますが、我が家はIKEAで買ったSAMLAという道具箱を使っています。

SAMLA インサート 11/22Lボックス用

真ん中に仕切りがあり、綺麗に文具が収まります。また、箱の両サイドに持ち手があるので、運びやすいです。

ちなみにコロさんの勉強中、私はずっと横について勉強を見ています。朝勉の時間は約1時間なのですが、その時間ずっと、書いたりしゃべったり、と休む暇なく指導しているので、なかなかハードです。

ですので、ポヨさんは致し方なく朝は放置。こちらが指定した勉強を一人で進めてもらっています。難しいお年頃の彼とは一日の始めからバトルをしたくない、という本音もありますが。ここだけの話、ホント、勉強中の関わり合いが難しくなってきました(ため息)変にイジろうとすると、ご立腹することが増えてきたし(え?それは私がイケないのか?)

そうそう。全くの余談ですが、ポヨさん、5年生になって クラスのみんなから「総理大臣」というあだ名を付けられたようです。お友達ママと先生から教えてもらって初めて知りました(苦笑) 授業中、難しい問題が出た時や、クラスの話し合いで揉めたりすると、みんなから「○○(名字)総理、お願いします!」とムチャ振りされているらしい。

だから、家でイジられるのは、嫌なのか?。。。

あ、話を戻して、私のお気に入り文具をご紹介。


◆ 針不要のホチキス


家勉用のプリントをちょっとまとめておきたい時、このホチキスがちょうどいいんですよね。
針の消費を気にせず、ぱっぱっと とめられます。



◆ テープのり。



少量の使用でも、しっかり接着できます。
書類の写真貼りには、これが一番最適。剥離の心配もありません。



◆ 卓上クリーナー


別にこれじゃなくても良いと思われますが、一台あると、便利。



◆算数セット

知育玩具ですが、保育園児・幼稚園児のお子様用に。

タイプは違えど、小学校入学時に渡されるものなので、事前購入は必要ないと言えばないのですが、幼児用の思考力問題を解かせる際、おはじき・時計・さいころ、ブロックなどが入っている算数セットが、コロさんの時に物凄く活躍しました。(我が家はポヨさんのお下がり算数セットでしたが)

幼児の思考力系の問題って、頭の中で考えさせるより、実際に手を動かしてみたり、視覚的に補足してあげて理解させることが大事だと思うので(もちろん、頭の中ですべてを考えられる子もいますが)、お子様の理解度を見て、購入を考えてみるのもいいかな?と思います。



◆ついでに国語・漢字辞書

  

我が家はこちらを使っています。ポヨさんのお下がりなので、古いものですが。

国語辞書は低学年用と高学年用で結局、買い替えることになります。なので初めて買う辞書の収録語数はそれほど重視せず、引きやすさや見やすさなどを一番のポイントとして選んだ方がいいと思います。

こちら↓の学研のサイトに書かれていた国語辞書の比較記事は、各社辞書の特徴について細かくピックアップされており、他サイト様と比べて 非常に分かりやすかったので、参考にされてみてはどうでしょう?(最後の結論は多少、偏りを感じますが。笑)

◆学研キッズネット



・・・と、こんな感じです。
勉強道具箱は学年によって、中身が変化していくと思われますが、算数セットの時計は、コロの場合 高学年になっても使いそうな予感がするので(中学受験算数で、両針の角度やその角度の時刻を出す時計算というものがある)、大事に取っておきたいと思います(笑)

[PR]
by corocorobox | 2016-07-14 09:15 | その他お勉強の取り組み

ポヨのチェスについて、昔、何か書いたかな・・・と探してみたのですが、一切、触れてませんでした。なぜだろう(笑)

実は最近、コロがチェスに興味を持ち出し、ポヨが英語で指導するという光景を目にするようになりました。ポヨがチェスを始めたのが、6歳あたりなので、まさに同時期ですね。

我が家で活躍していたチェスはこちら。



その名も No Strees Chess!! 017.gif

が・・・日本のamazonだと、エライ高いですね。(我が家はアメリカで入手したもので・・・)
これだったら、送料が多少高くても、米amazonで買った方がいいのではないかな?

これね、チェス初心者には本当にオススメなんです。


072.gif おススメ理由 その1

チェスをボードにならべる際、それぞれ決まった位置に駒を並べなくてはいけないのですが、
c0214088_15223122.jpg
ボード上にちゃんと、どこに駒を置けばいいのか、記載されているのです。

しかも、もう覚えちゃったよ、という場合には、ボードをひっくり返すと
c0214088_15224068.jpg
何も記載されていない盤が裏側にちゃんとあるんです!



072.gif おススメ理由 その2

こちらのゲームは、駒を動かす際、出たカードの駒しか動かせないルールになっています。
c0214088_15221676.jpg
こちらが、そのカード。全部で7種類あります。
各駒分の6枚とプラス1枚(こちらは前のカードと同じ動きをしろとの指示カード)


c0214088_15222351.jpg
カードには、駒の動きが文章と図解入りで書かれています。一番、複雑な動きをするナイトのカードはこんな感じ。

なので、まだ それぞれの駒の動きを覚えていなくても、このカードを見ながら駒を動かすことができるんです。



072.gif おススメ理由 その3

先に書いた通り、このゲームは自分の好きな駒を動かすことはできず、出たカードの駒しか動かせません。
写真左下に写っているのが、カードのデッキ。
c0214088_15224764.jpg
まずはカードを二つの山に分け、白・黒の分としてデッキの上下にいれます。白・黒、それぞれの順番ごとにカードをめくり、出たカードの駒だけ動かしていきます。(出たカードはデッキの真ん中に置いていきます。)

この写真では、クイーンのカードが出ていますので、1駒のクイーンしか動かせませんが、ポーンなど複数駒がある場合は、その中で好きな駒を選んで動かすことができます。

ということで、お分かりの通り、多少の戦略は必要であるものの、基本はカードの指示通りに駒を動かしていけばいいので、深く考えずにゲームを進めることができます。

しかも、運が左右するので(次の一手でチェックメイトできるのに、意中のカードが出ないために出来ない、なんてパターンも)、真剣勝負をしているパパとの対戦でも勝つことができちゃったりするんですよね。

これが初心者には、もの凄くイイ。「よし次も!」というモチベーションを保ちながら、何回も遊ぶことができ、本格的にゲームをしている気分になれるんです。



以上、No Strees Chessのおすすめ理由を並べてみました。
もっと気軽に買える値段だと いいのになぁ。

もちろん、このルールに飽きたなら、普通のチェスゲームとして活用することも可能です。


そして、ポヨがチェスにハマったところで、買ってあげたのが、こちらの本。



ズバリ、パパに勝つための攻略本(笑)

実は我が家のパパ、このNo Strees Chessが初めてのチェス体験だったものの、将棋をやっていたためにチェスでも かなりの強さを発揮し、ポヨ、普通のルールでパパに勝つことが、なかなかできませんでした。(あ、私は何度か負けました 025.gif

タイトルが男の子にとって、まさにツボ(笑) ポヨ、悔しくて何度も読んでいました。

何と、和書でも発売されています。



ちなみにポヨさん、残念ながら今でも、まだパパには勝てません(苦笑)
ただ、最近の対戦では パパがヒヤッとする場面も度々あるそうで、ちゃくちゃくと力を付けてきているかな。

そんなこんなで、しばらくNo Strees Chessで、チェスを楽しんでいた我が家ですが、ポヨから別のチェス盤を買ってほしいと懇願され、買ったのが こちらです。


これ、マグネットになっているので、駒が盤にピタと張り付きます、結構、強力。

なんでマグネット式にしたかというと、パパと対戦するうち、1ゲームがものすごく長期戦になり、その日のうちに終わらず、数日かけてゲームを終了させる事態になることが多々あったのです。(大体、夕飯後30分をプレイ時間としていたのですが、パパ、平日は遅い帰宅が多いので、次の週末まで持越し・・・なんてことも)

初めはNo Strees Chessで、そんな状況を続けていたのですが、それを破壊してしまうのが、コロさん。
一時停戦状態になっている盤に突っかかったりして、駒がゴロゴローと転がり、ギャー!!となること数回。

はい、迷わず買いました(笑)

ゲーム途中で場所を変えたい場合でも、気軽に駒を張り付けたまま盤を持って移動することが出来るので、とっても便利です。

今は、昔に比べると、チェス熱も落ち着いてきたようですが、時々、別の指南書を見ながら、一人でチェスをしている時もあるので(オヤジのよう、笑)、ポヨにとってチェスは時間つぶし用の一つの娯楽になっているようです。


そして、チェスのルールがある程度分かるようになったら、ぜひチャレンジしてもらいたいのが、チェスパズル。

問題はこんな感じ↓
c0214088_10150577.jpg
プレイヤーが白となり、一手でチェックメイトするには、どの駒をどこに動かせばよいのか?という問題です。
これは超初級の問題。

そして答えはこれ。
c0214088_10152080.jpg
二通りありますね。クイーンを8h、もしくはc7に持ってくるというのが正解です。

そんな初心者向けの問題がたくさん掲載されているのが、こちらの本。



1手・2手のみの問題で構成されていて、一番初めのパズル本に最適です。

我が家はこれ以外にも、パズル本を買いましたよ。難易度が高い問題になると、駒数も増え、何手も先の動きを考えなくてはいけないんですよね。もう右脳をグリグリ使うこと、間違いなし!


Webにも、チェスパズルが楽しめるサイトがあります。

◆チェスパズルサイト
http://www.kidchess.com/puzzles/puzzles.html
http://www.chesskid.com/puzzles/server.html

ポヨも結構、解きました~。

こんな感じで、いろいろ楽しめるチェス。まだの方は、ぜひトライしてみてください。親子で とっても楽しめますよ!


[PR]
by corocorobox | 2015-06-08 15:25 | 英語の本

当ブログのアクセス記録を見てみると、ハワイ関連の検索ワードがチラホラあがってくるようになりました。

夏の旅行に向けて情報を集めている最中なんでしょうね、いいなーいいなー。
旅行って、準備している時が一番楽しいですもんね(笑)

・・・と、そんな話はさておき。
ハワイでお買いものをする際、英語育児に活用できそうなオモチャや知育玩具などを検索されている方がいらっしゃったので、今回はそのネタを頂いて、記事を書きたいと思います。

+++++

ハワイでお買いもの!と言ったら、一番に浮かぶのは、アラモアナセンターですよね。
残念ながらアラモアナセンター内にオモチャ屋さんはないのですが(2014年夏現在)、小規模ながらBARNES & NOBLEの本屋さんの一角にオモチャコーナーがあります。(それ以外では、WalmartやKマートかな。)

あるかどうかの保証はできないのですが、私がオススメするオモチャとamazon.comで評判の良いオモチャを以下にピックアップしてみました。

VTech Spin and Learn Color Flashlight


数字・カラーが学べるフラッシュライト(5色のライトが光ります)のオモチャです。
VTechは、知育おもちゃで有名なメーカーなので、他にも楽しいオモチャが沢山あります。
ちなみに日本のamazonでも入手できますが、ビックリする価格になっています(苦笑)
【1~3歳児用】


◆ LeapFrog Letter Factory Phonics and Numbers

Phonics学習用のオモチャといったら、やっぱりLeapFrog!
我が家は3文字用を持っていたのですが、そちらは現在、発売中止みたいですね(なんでだろう~~)
フォニックスの復習用教材として、かなり活用しました。このアルファベットのパーツは磁石になっているので、冷蔵庫にも貼れるんですよ~。

こちらは1文字となりますが、単音の学習であれば、これで十分ですね。
新作はアルファベットに数字もプラスされたバージョンになっています。
この新バージョンは、まだ日本のamazonでは入手できないようです。
【2~5歳児用】


Learning Resources Super Sorting Pie

色・数・果物や野菜の属性を遊びながら学べる知育玩具となっています。
ママと英語で遊びながら使用するのはもちろん、普段のおままごとでも大活躍しそうなオモチャですね。
amazon.comで大絶賛されているので、載せてみました。
【3~7歳児用】


◆ Monopoly Junior Party



お馴染みモノポリーのジュニア版。
ボードゲームは長く遊べるオモチャの一つなので、見つけたら一つはゲットしておきたいところですね。
日本のamasonでは気軽に買えない値段が付いています~。
【5歳~】


◆ The Game of Life Zapped Edition



変わり種のボードゲームとして、こちらを。
人生ゲームの英語版ですが、これはiPadのアプリと連動したボードゲームとなっています。ルーレットや止まったマスの指示がiPadで出されるので、小さな子も意外と飽きずにゲームできるのが利点でしょうか。モノポリー版もあります。
【8歳~】


Snap Circuits Jr. SC-100 Kit


こちらは英語の教材という枠からは出てしまうのですが、ポヨお気に入りのオモチャなので、ご紹介してみました。
電子回路を学べるオモチャになっています。ポヨがもっているのは、この上のバージョンの750というKitなのですが、スーツケースの中に入れて持ち帰るのであれば、100あたりがちょうど良いかもしれませんね。
BARNES & NOBLEで売っていたという証言あり。
【8~15歳児用】

+++++

その他、BARNES & NOBLEに行ってチェックしたいもの。

● ワークブック
各種 並べて比較することもでき、amazonでは取り扱っていない本もありますので、ぜひ、チェックしてみてください。

● セール本
セール棚があり、そこに置かれている本たちは通常の価格から値引きされて売られています。
値引きだけでなく、Buy1 Get1 Freeなどの商品もあるので、日本のamazonより安く手に入る本があります。

狙い目なのが、イベントシーズン後。
イースター・ハロウィン・クリスマス後に、関連絵本が50%offで置かれている場合があります。
ただ、アラモアナセンター内よりも、ちょっと離れたローカルのショッピングモールにあるBARNES & NOBLEの方が掘り出し物は沢山あったりするので、レンタカーで周れる方は、ぜひ、他のBARNES & NOBLEにも立ち寄ってみてください。


以上になります~。


[PR]
by corocorobox | 2014-07-11 09:08 | お出かけ・旅行

珍しく怒涛の更新(笑)

前回紹介させて頂いた、こちらのキューブつみき



ポヨが最終問題(?)をクリアしたあと、「もっと難しい問題がやりたい!」と言い出したため、パターンカードをいくつか作ったのですが、それを探し出しましたーーー!

せっかくなので、公開しておきます。

まず裏表ナシのパターン
(ブラウンっぽい色は、「オレンジ」とみなしてください、苦笑)

■パターン1
c0214088_1131022.jpg



■パターン2
c0214088_1161234.jpg



■パターン3
c0214088_05054930.jpg



■パターン4
c0214088_05055828.jpg



■パターン5
c0214088_05060207.jpg



■パターン6
c0214088_05060693.jpg



裏表アリのパターン

■パターン1 (これ、付属のパターンカードにあるかな・・・)
c0214088_1213484.jpg
c0214088_1222391.jpg



■パターン2
c0214088_1253158.jpg

c0214088_1254388.jpg



■パターン3
c0214088_1275459.jpg

c0214088_1282780.jpg



以上、素人が作ったものなので、微妙な空間誤差はご容赦ください(汗)

ちなみに、こちらのパターンカード、何時間も費やして作ったのに、どれも数分で作り上げられてしまったというオチつきです。

もうちょっと悩んでくれよ (´Д⊂グスン


そして、これだけでは何なので、もっと素晴らしいサイトをご紹介
・ ぷりんときっず http://print-kids.net/

こちらのサイトにある「積み木問題プリント
このプリントはパターンの組み立てではなく、数を予測させる勉強なのですが、年齢が小さいうちは、まず図と同じように組み立ててみる!という活用方法が出来ますので、ぜひお試しください。


最後にもう一つ。
ポヨが年長さんの時に喜んで取り組んでくれたドリルを。



こうしたキューブ積み木に小さいころから触れてきた子であれば、とても楽しく取り組むことができると思いますよ!

二年生の算数で、ちょうど立体図形について学んでいるポヨ。
「ぼく、図形は大得意なんだよねー」と豪語しております。
本当に得意かどうかは置いておいて(笑)、そういった気持ちを育ててあげる事って大切ですよね。
[PR]
by corocorobox | 2014-03-08 00:16 | その他お勉強の取り組み

久し振りにアクセス解析の検索ワードを確認してみると、英語関連の検索ワードに続いて、「図形 学習 展開図 パズル 幼児」といったワードが多いことに気付きました。

当ブログでは、確か2つぐらいの記事しかUPしてなかったと思うのですが、やはりみなさん、幼少期の図形学習に興味のある人が多いんだなぁ~という感想を持ちました。

ちなみに過去記事はこちら。

図形に強くなる
( *´艸`) 思惑通りです。

で、せっかくなので、これ以外の取り組み、主に我が家が購入した図形関連の玩具を今回は紹介させていただきたいと思います。

実は我が家、パズル関連の知育玩具を、これでもかっ!!てくらい持っています(笑)

トミカなどのオモチャもジージ&バーバが、結構買ってくれたのですが、ポヨはそういったオモチャより、パズル系の玩具を気に入って、しかも長ーーく愛用してくれたからなんです。

ということで、そんな中でも、ポヨ・コロがお気に入りで沢山遊んでくれたものを3つピックアップしますね!

まず一つ目。



公文のキューブつみきです。

我が家では、この玩具が断トツ、ポヨ・コロに人気でした。シンプルなものが、子供にとっては一番使いやすいのかもしれませんね。
ポヨ、今でも使っています(笑)

購入時期は、確かポヨが一歳ごろだったかな?



こちらは、ポヨが4歳3か月の時。
付属についていたパターンカードの最終問題をクリアした、記念の写真です。

日本製で安全な塗料を使っているとのことなので、舐めても大丈夫。
ポヨやコロが小さい頃は、ただ、つみきを並べたり、ひたすら積み上げたりして遊んでいました。手の平サイズなので、小さな子にも持ちやすいんですよね。

コロが赤ちゃんの頃は、私が積み上げたキューブをバーンッ!と倒すのが大好きで、倒すたびゲラゲラ笑って、もう一回積み上げろっっと何回も要求されていました。

我が家イチオシの知育玩具であります。


そして、二つ目。



立体パズルです。

こちらは、ポヨが4歳ぐらいの時かな?
ちょうど、私がコロを妊娠していた時期で、家の中でゆっくり遊べる玩具を追加投入したいということで買ったものになります。

似たようなもので「賢人パズル」があります。双方の一番の違いは、立体パズルが平面の組み合わせもできるのに対し、賢人パズルは立体の組み合わせだけとなります。

賢人パズルの方が、上級者向けなのかな??

いつもポヨが立方体を組み立てている横で、コロが観察している(もしくは邪魔してポヨに怒られる、汗)というパターンが多かったのですが、ポヨが幼稚園に行っている ある日、コロ(その時2歳おわり)が「ママー!」と呼ぶので、見に行ってみると、何と立体パズルで立方体を完成させているではありませんか!!

本当にビックリしました。だって、私だって難しくて説明書を見ないと組み立てられないんですから・・・。
それ以後も、子供たちのお気に入りの玩具で、もちろん今でも二人一緒になって遊んでいる時もあります。


最後はこちら。



お馴染み、平面図形のタングラム系の知育玩具となります。

タングラムの知育玩具は色々出ていて、何故、我が家はこれを選んだかというと・・・
こちら、コンパクトなので持ち運べるんです。しかもピースの後ろにマグネットが付いており、付属のケースのふたを土台として遊ぶことができます。

何で、持ち運びできる方が良かったかと言うと・・・旅行で飛行機にのる際の機内用オモチャとして活用したかったからなんです。

我が家は、このタイプ、家でも外でも使えて、とっても重宝しました。
前にホテルステイについて記事をちょろっと書きましたが、これ、お部屋やクラブラウンジで自分がまったりしたい時(笑)にも使えて、とっても良かったです。

ただ、難点が一つ!
こちら、始めはパズルパーツとマグネットが別々になっており、一つ一つ、自分で付けなければなりません。かなーり面倒臭い(苦笑)
開けてすぐパッと使えないので、もし購入される場合は、その点に注意してくださいね。

以上、三つ。
最近は、色々なパズルが出ているので、迷いますよね~。
ただ、この手のパズルは、子供の のめり込む時期、出来る時期がそれぞれありますから、玩具記載の年齢表示や周りのお子さんの成果に惑わされないでくださいね。

子供ってある日、突然、出来るようになったりするんですよ。
それまで、出来ずにワーーッと騒いで癇癪を起したり、プイッてスネちゃったりしていたのが嘘みたいに。

なので、ママは「そうじゃなーい」なんて手や口を出して、無理に出来るようにするのではなく、(その時は「出来なかったね、悔しいね」と、子供の気持ちをひたすら受け止めてあげて、後は)気長に見守り続け、出来るようになる時期をのんびりと待ってあげるのがいいと思います^^


[PR]
by corocorobox | 2014-03-06 00:06 | その他お勉強の取り組み

コロ 1歳8ヶ月に。


あと数日で1歳8ヶ月になるコロ。
この年月になると、2歳も もうすぐだなぁ~なんてコトを思ったりして。

相変わらずイタズラが激しくて大変ではあるものの、人間味も増してきて、コロの行動や言葉に癒されることも増えてきました。

「ママ~ ぎゅっ」なんて言って抱きつかれると、もう頬がほころびっぱなしです(笑)

最近、児童館の集まりやら、お友達のおよばれ、習い事など外出する機会が増えた為、コロのお外着をまとめて、買い足しました。
パパにポヨとコロを預けて無心に選んでいたのですが、やっぱり女の子の服選びは楽しくて、ついつい時間を忘れて長時間に・・・。

そして今まで嫌がってすぐポイッと投げてしまっていた髪留めを最近は気に入ってしてくれるようになり、ちょっぴり嬉しかったりして。



↑ハワイに行ったときに買い足したピン留めやゴム留め。ベビ用のピンで小さ目に作られています。

Walmartで8つセットのピンが3ドルちょっと。(ゴム留めは90本入ったセットが同じ値段。アメリカはcuteでcheapなベビーグッズがとても充実していて、こういうショッピングも意外に楽しかったりします♪)

もうちょっと髪が長くなったら、いろいろなアレンジが楽しめるかな~なんて今から妄想しています(笑)


そして幼児教育については、これまでと変わらず、まったりと進めています。
ただ、一つの悩みが。

それはポヨほど絵本を夢中になって読んでくれないこと。ポヨは本当に絵本が大好きで次から次へと本を持ってきたし、読み終わるまで私の膝の上で微動だにせず静かに聞いてくれていたのですが、コロは自分で本を持ってくるものの、最後まで聞かず、大体 途中でフラフラと何処か行ってしまいます(涙)

なので最近は、本の文章は読まずに、絵を見て私が好き勝手に文章を作って話しています。
そうするとコロ、結構ちゃんと聞いてくれるんですよね。これを読み聞かせと言っていいのか迷うところですが、一日5冊を目標に頑張っています。

その他の取り組みとして頑張っているのが、国旗カードのフラッシュ。
と言っても10枚くらいしかしてませんが。
ひとまずインプットだけと割り切って進めていますが、日本とスペインとドイツは理解できたようで、カードを見せるとすぐ答えてくれます。

英語の取り組みはまた別途、記事にしたいと思います。

最近は以前にも増して好奇心旺盛になり、公園に行くと滑り台からアスレチックジムなど、とにかく色々なものを試したい!とばかりに果敢に挑戦するので、ヒヤヒヤな場面が増えてきました。
そんなワケで、とにかくケガにだけは注意して過ごしたいなと思っています(苦笑)
[PR]
by corocorobox | 2010-11-28 00:41 | 成長記録etc

えいごふだを覚えよう~


えいごであそぼプラネットを購入して、これを全部覚えて自在に使いこなしてくれたら嬉しいな~と思っていたのが、「えいごふだ」の各フレーズ。

「More, please(もっとちょうだい)」「I'm bored.(つまらない)」「Almost!(もうちょっと!)」など、ちょっとした時に使える簡単な定型文が詰まっています。

えいごふだ 一の巻


えいごふだ 二の巻


そこで、ある幼児教育サイトで紹介されていた、『子供が簡単に掛け算を覚えてしまう方法』をマネしてみたところ、ポヨ、めきめきと覚えてくれ、ついに「えいごふだ」の全フレーズを完璧に覚えてしまいました。

一体、どんな方法なのか?というと、テープレコーダーに「えいごふだ」を入れて、好きな時に ひたすら聞いてもらうと言う方法です。


カセットレコーダー CAS-R600Y シルバー


こんな感じの機械。すみません、すっごいレトロです。
テレビの前において録音していました・・・汗

ですが、今だとICレコーダーの方がいいかもしれませんね。

★ 人気ICレコーダー一覧 ★


なぜ、安価なレコーダーに拘るのかと言うと、本人に好きなように使わせてあげるため。
なので、イヤホンではなく、スピーカータイプの物、ボタンが大きめで操作がしやすいなどの機種がいいと思います。

えいごであそぼプラネットを購入した時、私はちょうどコロをお腹に入れている時で(!)、何とも言えない倦怠感やツワリを紛らわすために、ポヨとよくお気に入りのカフェでお茶していました。
その時、このテープレコーダーが大活躍だったんです。

ポヨもだいぶお行儀がよくなったとはいえ、まだ3歳だったので、時間が経つとやっぱり飽きちゃうんですよね。私はゆっくりと過ごしたかったため、その際、このテープレコーダーを出してあげると、スピーカーから聞こえてくる小さな音量にジッと耳を傾けて、おとなしくしててくれたんです。ちょっと飽きてきちゃったかな?なんて時は、えいごふだクイズを出してあげたりして。

そして外出するたび休憩先などでポヨに手渡し、繰り返し聞かせていたら、登場シーンだけで、なんのフレーズか分かるまでになっていました(笑)

静かにしてくれて、英語まで覚えちゃう、ママにとっては本当に一石二鳥!便利な代物でした(笑)
何より自分で好き勝手に操作できる!っていうのが、子供の機械好き心をくすぐるみたいです。
ぜひ、試してみてください~!


< 2014.3.10 追 記 >

すみません、かなり蛇足的な(というか愚痴に近い?)話になります~

ここ数年、携帯端末機器が飛躍的に進歩し、それに伴い、親御さんが かなり低年齢のお子様にも そういった機器を気軽に(時間つぶしのために)与えてしまっている光景を多く見かけます。
が、私は頭が古いオバチャンなので(笑)、それって、どうなんだろう・・・といつも思ってしまいます。

もし、えいごであそぼプラネットを活用されている親御さんが同じようにされている場合は、あまり、こういった行為をオススメしません。

なぜなら、音声ペンの教材が 子供に多くの刺激や興味を与えなくなってしまうから。
だって、携帯端末の方が、断然 面白いですからね。

今は本当に良くできている学習アプリなどもあって、そういったものを有効活用するのも一つの手だと思っています。
ただ、低年齢時から あまり活用しすぎるのは、諸刃の剣になってしまうのではないかと危惧しています。

特に外出時、ラクして子供を大人しくさせたいと思うその気持ち、とってもよく分かります。私も何度、外で ゆっくりとお茶やごはんが食べたいと願った事か・・・(笑) 
しかし、外で一回与えたら最後、子供は際限なく ねだるようになってしまいます。ここは頑張って心にブレーキをかけてください。
だって子供が幼児の期間なんて、本当にすぐに終わっちゃうんですよ~

外出時の子供とのちょっとした時間。とても貴重なんです。
家の中にいるときより、外に出た時の方が、子供との何気ない会話が弾みませんか?
私はポヨやコロとの そうした時間は、とにかく会話することを大切にしています。時々、お話を作ってあげたりすることもあります。

今振り返ってみても、そうした時間をたくさん取ったことによって、子供たちとの絆がより深まったのではないかと自負しています。
私も まだまだ経験値不足のママではありますが、ちょっとした助言として参考にしてくださると幸いです。


[PR]
by corocorobox | 2010-11-20 11:21 | えいごであそぼプラネット

そろばんも頑張ってます


英語に傾倒しているポヨの育児ですが、その陰でそろばんも頑張っていたりします。

実は春に始めたものの、私の三日坊主で一時中断になっていました(汗)
それを9月頃 気持ちを新たに再開し、それ以後、毎日、ワークを1ページずつではありますが、コツコツと地味にこなしています(笑)

教材は皆さんに好評なこちら。


パッチートレーニング 1―そろばん学習用教材


ドリルは0からありますが、我が家は1から始めました。
(amazonのレビューで0は必要ないと書かれていたので。実際、その通りでした。)
簡単な問題からスタートしているので、そろばん未経験者の私でも教えやすかったです。

そろばんは、私の実家で埃をかぶっていた普通のそろばんを使っています。

現在、3まで進みました。(実はハワイにも そろばんを持って行ったんですっっ)

パッチトレーニングをする前は、懸命に両手を駆使して計算し、両手が使えない計算に至っては 即座に諦めるという、計算力以前の問題を抱えていたポヨでしたが、いつの間にか二ケタ同士の計算もパパッとまではいかないにしろ、答えられるようになりました。

ちなみに一桁の計算はパッと答えられます。よく、暗算ができる人は、頭に算盤の珠があって、それをパチパチ動かして答えられる…なんて話を聞くので、ポヨにもその珠が頭の中にできたかな?!なんて期待をしながら訊ねたところ「頭の中の小人さんが、そろばんのテレビを見て、答えを出してくれた」とのこと。

・・・・なんじゃソリャ。

そんなポヨのそろばん、これから大成するのかどうか怪しいろころですが、パッチトレーニングは6まであるので、ひとまずそれを目標に地道に進めていきたいと思います。
[PR]
by corocorobox | 2010-11-08 12:13 | 日本語の本