Atchoo!  * ポヨとコロの成長日記&ママの雑記 * box03.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

11歳児ポヨ(♂)と7歳児コロ(♀)の育児キロク。コメント欄はただ今 閉じています。ごめんなさい。リンクはご自由に!


by corobox
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

タグ:児童英検 ( 7 ) タグの人気記事



ポヨが児童英検のラーニングをしていた時期(去年の夏ぐらい?)なので、今の取り組みではないのですが、ラーニングと平行して行っていたものが、そこそこ効果があったかな~と思うものだったので、今回はそちらをご紹介。

それは、児童英検ラーニングで出てくるドリルのカードを使って、カルタ的な遊びをしたり、センテンスを暗記させたりしたこと。



こちら、ドリルの画像をプリントスクリーンで取り込んで作りました。

ポヨはゴールドのみの受講なので、他のグレードにあるかどうか分からないのですが、
ラーニングで役に立ったなぁ~と思ったのが、「せつめい」「ようす」など、絵に描いてあることを説明したり、状況を会話するドリル。

例えば
「The boy finished his homework.」
「She is wearing a pink dress.」
「The dogs are fighting」
「Pass me the key please.」
「We need train tickets.」
「Don't fold your ticket」
などなど。

このドリルは、ママと男の子(お兄ちゃん)と女の子(妹)がケーキを買いに行き、また家に戻ってきて、ちょっとしたドタバタな出来事があるというストーリーで進められていくものなので、とても理解しやすいように作られています。

出てくる動詞は身近なものばかり。絵と連動しているので、分かりやすいし、文章も現在進行形だったり、過去形だったり、会話文も基本の形が押さえられているので、この時期、まさに私がポヨに覚えてもらいたい!と思っていたものがギュギュッと詰まったドリルでした。

で、これをPC使用時以外にも やってもらいたいな~と思い、カード作りをしました。主に使用していたのは外出先(お茶するとき)だったのですが、まったりした中でこういった事をするのがポヨ、結構好きなんですよね。あっと言う間に覚えてくれました。

それまで現在形や過去形があやふやだったのですが、これで、大体の形を掴んでくれたように思います。

我が家の場合、児童英検のラーニングは、まずPCでリスニングの練習をしてもらい、ある程度、聞き取れたかな~と思ったところで、カードを使い文章を覚える、ということをしていました。
というのも、リスニングをする時点では「聞こえたように言えばいいよ」と言って、それぞれのワード自体は、あまり意識させていなかったんです。
(リスニングの練習動画はこちら

子どもの多読で、聴読部分も少し補いたいな~と思っている人には、こういった取り組みも良いのではないかな、なんて思います☆



[PR]
by corocorobox | 2011-03-06 22:40 | 英語の取り組み

5月末からトロトロと児童英検のオンライン学習を進めていたポヨですが、このたび、やっと本テストを受けました。

結果から言うと、50問中48問正解の96%でした。まぁ、まずまずの結果だと思います。



試験時間が45分もあるので、途中、集中力が切れかかった場面もありましたが、何とか頑張ってくれました(苦笑)

細かい理解度は以下の通り

<語句>
いろいろな文の中での語句の聞きとり
13/14問

<会話>
簡単でまとまった話(3往復以上)の聞きとり
8/9問

<文章>
つながりのある複数の文(3文以上)の聞きとり、5W1Hによる疑問文の投げかけ、質問文の応答
17/17問

<文字>
基本的な語句や簡単で短い文の認識
10/10問

この結果を見て、英検5級を視野にいれても大丈夫かな~なんて気がしてきました。
(とはいっても、ポヨの場合、落ち着きがないので、別の問題で頭を抱えそうですが)

児童英検のドリル・模擬テストを通して分かったポヨの弱い点は「How」の質問文。
そして、細かいところを気にすると、「year」「month」「day」などの時間に関する語句もイマイチ理解していなかったり。
でもこれって、日本語でも怪しいんですよね。来年とか先週とか、まだ感覚的によく分からないようです(汗)

とはいえ、長文問題など私がまだまだかな?なんて思っていた事項が意外に理解していることが分かり、ポヨの英語力がどれくらいなのか、具体的につかめるよいキッカケになりました。

そんなワケで、使用期限は残り1ヶ月ちょっと。ポヨの弱い部分を中心に復習して、有効活用していきたいと思います。


*************

・・・話は逸れますが、公式ページを改めてみていたら、慶応義塾中等部一年生の英語リスニング教材に、この児童英検のオンライン学習が採用されているとのこと。
小さな子にパソコンを触らせるのは、抵抗がある方も多いと思いますが、家で気軽に学習ができるEラーニング、これからますます発展していきそうで、私は楽しみです!




[PR]
by corocorobox | 2010-10-11 13:04 | 英語の取り組み

久しぶりの更新ですが、祝日は遠出することもなく、近場をウロウロしていた我が家です(笑)

さて、ポヨのGOLD児童英検、ドリルの達成率が100%になり、模擬テストも残すところ、10回分をきりました。9月中に本テスト・・・と行きたい所ですが、まぁ、10月あたまに出来ればいいかな~なんて考えております。

5月下旬に申し込んだ児童英検フルパック。11月までは余裕で終わるでしょう、なんて思っていたけど、意外にギリギリ(汗)

一番、手間取ったのは最後の2つのドリル。
他のグレードもあるのか、ちょっと分からないのですが、スペル問題があるのです。
しかも、「hamster」とか「spaghetti」とか・・・。この問題を目にした時、内心「こんなスペル、別に書けなくったって・・・」と思ってしまったんですよね。



でも、ポヨ、覚えちゃったんです50個近くある単語を全部。なんで覚えてしまったかと言うと、ドリル最後にあるゲームに勝ちたいがために(苦笑)

そのゲームはコンピューターと対戦し、どちらが早く正しいスペルを完成させることができるか?というものだったのですが、スペルを覚えていない時に何度かこのゲームに挑んだところ、コンピューターに ことごとく敗戦し、しまいに号泣・・・。

えぇ、いっつも、こうなんです、負けるのが大嫌い。
ママはこの負けず嫌いなポヨの性格に 毎回 手を焼いているのですが、今回はこの性格がいい方向に動いた感じ。(でも、負けるたびに なだめるのが大変だったけど・・・)

そして、このドリルを終え、一つの成果が。それは1つ目のドリルで悪戦苦闘していたスペルの暗記が2つ目のドリルではサクサク覚えてしまったこと。
そして、そこからポヨ、他の単語にも興味も持ち始め、自分で色々と書き始めたんです。英語日記を私が代筆していると、ここはボクが書ける!みたいな。

児童英検を申し込んだ時は、純粋にポヨが今、どれくらいの英語力を持っているかを知れればいいかな、ぐらいの気持ちだったのですが、ドリルを進めていくうちに、それまでやっていた勉強法では身に付けることが出来なかったリスニング力やライティング力が徐々にあがっていき、その効果の大きさに とても驚いています。

正直なところ、この年齢からパソコンで勉強をさせることに少々抵抗を感じていた私。
ですが、この成果を見れば そんな懸念も ちっぽけなものでした。

これから本テストですが、結果は正直、どうでもいいかな、なんて思っています(笑)
でも、テストはテストですから、受けた結果は改めて報告させてもらいますね!




[PR]
by corocorobox | 2010-09-24 21:30 | 英語の取り組み

撮影した映像は、児童英検の学習ドリルで、英文を表示させずに音声だけで英語を聞き取る練習をしているところです。

動画は削除しました

約2か月間、週4日ぐらいのペースでしたが、ここまでの長文を聞き取れるようになりました。

当初、この練習法に かなりの嫌悪感を示していたポヨ。
ですが、各ドリルにはゲームが付いているため、そのゲームやりたさに頑張って取り組んでくれました(笑)

児童英検のドリルを始めるまでは、どちらかと言うと絵本など、文を読んで英語を理解することに慣れていたポヨでしたが、このような練習をすることによって、リスニング力が格段に上がったと思います。

実は夏休み中に終える予定だったドリル、まだ2つ残っています(苦笑)
模擬テストでは、なかなかの好成績を出しているので、早くドリルを終えて、出来れば9月中に本テストを受けられたらいいなと思っています。




[PR]
by corocorobox | 2010-09-03 12:12 | 英語の取り組み

ポヨの英語レベル


現在のポヨの英語レベル・・・。
進捗度を確認するために書き記しておこうと思います。

◆◆えいごであそぼプラネット◆◆
教材がたくさんあるので、目覚しい成果を遂げたものだけ・・・。
まずJBの絵本は4冊全てが暗唱できるようになりました。

そして、私が気に入っているタッチゲーム
教材が届いたばかりの頃は、まだ色やナンバーしか指定どおりにタッチできませんでしたが、今やエリックのスピードアップした歌でも色・ナンバー、プラス足や手の指定まで完璧にこなせるようになりました。しかも私より早いです。

アルファベット・ポスターのフォニックスの音は全て発音できるように。

えいごふだDVD1・2に収録されているフレーズも全部覚えました♪ ただ、こちらはまだ全ての英語を自分の言葉として使いこなせていない感があります。ここら辺が今後の課題かな?

尚、苦手なものはプレイランドの「Popin's Phone Fun」と「Boron's Sound Card」。どちらも英語力のほかに記憶力を要求されるゲームです。
この間の週末、パパと英語でおしゃべりしながら、とても楽しそうに遊んでいたので、しばらくパパにお願いしてみよう~。

気になるその他の取り組みは・・・?
[PR]
by corocorobox | 2010-08-10 19:00 | えいごであそぼプラネット

児童英検 続編


5月下旬から始めた児童英検のゴールド。
18個あるドリルを、その後も毎日少しずつ続けて、現在、13個目に突入しました。

後半戦に差し掛かっているので、英文の語数も初めのころとは段違いに増え、

Two boys came back from their soccer class.They are talking with their friends.
a doctor is holding the door because a woman is getting off the elevator.

なんていう英文の音声がナチュラル・スピードで流されていきます。



勉強法は以前書いたとおり、リスニング力を付けるため、英文を表示させずに聞き取りを行い、それが出来たら、そこから意味を確認していき、最終的に英文を見せて、文の構成(文法)を解説しています。

以前、前半戦のドリルは、ものの説明の英文が表示されない!そっちもちゃんと書いてほしいと文句を書きましたが、後半に行くと、英文がきちんと表示されるようになりました。

やっぱり、初めのドリルは、書かなくてもこれぐらい分かるでしょう?!的なレベルだったんでしょうか・・・(恥)

で、ポヨですが、そんな長文でも一生懸命聞き取って、見事に言えています。
とはいえ、一回ではさすがに聞き取れないので、何度も聞いて。

何度も音声を再生して、聞き取ろうとしている姿は、我が子ながら本当に素晴らしいです。
だって、私だったら間違いなく「こんなの分かるわけないじゃん!」と言ってキレますから・・・。

幼児教育の利点って、色々あると思いますが、一番は こういう素直な時期をトコトン利用することなんだな・・・なんて思います(苦笑)

話がズレましたが、児童英検のドリルで、着々とリスニング力が上がっているポヨ。
はじめは興味本位で始めたのですが、やってよかった!と思っています。

夏休み中に全て終わらせることが出来るかな??
また詳しい経過報告をさせていただきます☆




[PR]
by corocorobox | 2010-08-05 00:00 | 英語の取り組み

児童英検、はじめました


えいごであそぼプラネットのメルマガで紹介されていた児童英検
ポヨにサンプル問題をチャレンジさせてみたところ、とても楽しそうに取り組んでいたので、「ドリル&ゲーム」+「もぎテスト240」+「児童英検オンラインテスト」が一緒になったフルパックを思い切って申し込みました。

コースはブロンズ・シルバー・ゴールドと三段階の難易度に分かれているのですが、サンプル問題ではブロンズ・シルバーともに満点だったので、ゴールドから始めることに。

このドリルでいいな!と思った点はリスニング力を伸ばせること。
これまで、私がポヨとしてきた英語は、リーディングが主だったので、こうしてネイティブの英語を聞きながら、問題に取り組めるのは、パソコン学習ならではだな~なんてコトを思いました。

ただ、一つだけ不満が・・・。
「もののことば」ドリルでは、ものをクリックすると、対象の名前の他に簡単な説明も英語で流れるのですが、この時、英語で表示されるのは、ものの名前だけで、その説明文は英文では表示されないのです。

英文まできちんとリスニングできているか確かめたいのですが、英語ダメダメな私はポヨが聞き取った英語を 当たっているのか間違っているのか判断できずに、悩んでしまったものが恥ずかしながら いくつかあり、ひとまず断念・・・。
その後、パパに頼んで、英語を全部 書き出してもらいました(汗)

例えば「"letter" My father got a letter from his friend.」とか
「"button" My grandmother is sawing a button on a shirt.」など。
(画面上では、単語しか表示されていません)

こうして書かれていれば、苦もなく聞き取れるのですが、何もない状態でネイティブの発音を聞き取るのって、慣れていないと全然ダメですね(っていうか、私がダメダメなだけですね^^;)

で、パパの書き出してくれたメモを頼りに、ポヨのリスニングを再度、確かめたところ、見事、全問正解!結局、ママだけが悪戦苦闘していた情けない結果となりました・・・。

しかし、改めてポヨのリスニング力に圧巻。やはり小さい頃に聞く英語って、大人になってから聞く英語とは全然違うのかもしれないな、なんて感じました。



張り合いが出るよう、英語文をきちんと聞き取れて、意味もしっかり分かった場合にシールが貼れる単語表も作ってみました。

ポヨ、こういう風にすると俄然、やる気を出してくれます(笑)



結構、真剣。

このドリルができる期間は6ヶ月なので、その間に何とか終えて、ゴールド取得が出来たら次は英検5級を目指したいな、なんて思案中デス。




[PR]
by corocorobox | 2010-06-03 15:30 | 英語の取り組み