Atchoo!  * ポヨとコロの成長日記&ママの雑記 * box03.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

11歳児ポヨ(♂)と7歳児コロ(♀)の育児キロク。コメント欄はただ今 閉じています。ごめんなさい。リンクはご自由に!


by corobox
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

<   2016年 08月 ( 2 )   > この月の画像一覧


リオオリンピック!


閉会式まで残り少ない日数となってきましたが、みなさん、応援していますか!
我が家も ずっと盛り上がっておりますよ、ガンバレ、ニッポン!!

さて、8年前の北京オリンピック。テレビ中継中に表示される各国の国旗にポヨさんが魅了され、そこから世界すべての国旗を覚えてしまったのでした。




始めに買った知育玩具がコレだったのですが、今は販売していないようですね。
が、こちらの玩具、確か100カ国ほどしかなかったので、追加で買ったのが、こちらだったんです。



1~3まであります。1日十数枚程度、フラッシュして覚えてもらっていました。

ちなみにコロさんは4歳の時に100カ国だけ覚えて終了(なんか、もう飽きちゃったようで・・・)

幼少期に国旗を覚えてもらったから・・・かどうかは分かりませんが、お二方とも世界の国々のニュースについては、大きな関心を持って話を聞いてくれます。

なのでオリンピック期間中の今、コロさんには再度、主要な国々の基本情報について隙間時間を見つけて学習してもらっています。

参考にしているサイト
探検しよう みんなの地球
キッズ外務省
JAL旅プラスなび

こちらも併用しています。



我が家はオリンピックに絡めてコロと各国の話をしていますが、「どこの国に旅行へ行きたいか?」なんて身近な話題から話を広げてみるのもおススメです。

ちょっと前に買った、こちらの本も我が家でヒット中!




ちなみにポヨさんは幼稚園児の頃、大体の国について学習したのですが、彼が一番興味を持ったのは中東の内戦についてでした。幼稚園児にも理解できるような資料が見つからず、苦労した覚えがあります(苦笑)

またその流れから国連の活動についての話をしたり・・・。

国連Kids

こちらは中高生対象のサイトととして資料がまとめられています。子供との学習に活用するというより、まずは親である自分が、それらの資料に目を通し、知識を得ることが大事かな、なんてことを思います。

深い内容とまでいかなくても、国連という組織があること、どのような活動をしているのか?国際的な事件があった際、我々はどのようなことを考えなければいけないのか?といったことは、子供との日々の会話の中で触れておくと良いですね。


みんなの国連

あっ こちら、小学生でも理解できるサイトがありました!(昔はなかったような・・・)


以上、そんな感じです。
夏休みも、そろそろカウントダウンの時期になりましたね。暑さに負けず、頑張りましょう~。

[PR]
by corocorobox | 2016-08-17 09:00 | その他お勉強の取り組み

タイトルと本のリンクだけ張って、数年前から下書き状態だったものを やっとこさ書き上げてみました。

何の記事かというと、こちら。



子供向けに書かれた絵本「七つの習慣」のご紹介となります。

3年前は普通にアマゾンから購入できたのですが、放置していた間に在庫切れをしてしまったようで、現在はマーケットプレイスでしか購入が出来ないようです。ごめんなさい。(調べたところ、アメリカのアマゾンでは普通に購入できるようです。)




この本を買う以前に 大人向けの本を一応読んでいたのですが、一主婦の私が これらを意識し、毎日、実践していくことは正直 難しいな、と感じていました。

なので、KIDS用の本を発見した際、子供向けに書かれた内容がどんなものなのか、非常に興味があったのです。

届いた本は絵本と呼ぶには、少々、分厚かったのですが、7つの習慣の必要性が子供目線で描かれており、とても理解しやすい内容になっていました。(ネットの翻訳機能を使って、頑張って読みました。笑)

c0214088_10250914.jpg

実際の中身ですが、7つの習慣がテーマとなる 7つの物語で構成されており、7 Oaksに住む 7匹の動物たちが各物語の主人公として登場します。

どのお話も、主人公が問題にぶち当たって 困り果ててしまうものの、最後には 上手く解決できて、めでたしめでたしといった 内容になっています。


c0214088_10253919.jpg

そして、各章の最後にあるParents' Cornerには、習慣の導き方や物語の設問が記されており、それを元に親子で話し合いが持てるようになっています。

こちらは巻末にある7つの習慣をまとめた図。

c0214088_10260912.jpg

自身の成長に必要な第1~3の習慣を土台とし、友達と良好な関係を築くための第4~6の習慣、そして、行動のバランスの重要性を教える第7の習慣が 一本の木の成長として分かりやすく描かれています。

ちょっとややこしい(と私が感じている)7つの項目が 子供版では簡潔にまとめられていて、素晴らしい!の一言です。

我が家では、まず当時小学二年生だったポヨと、この絵本を読み、色々な話し合いをしました。
もちろん日本語で です(苦笑)

これぐらいのレベルであれば、ポヨはスラスラと読みこなせていたので、この物語を読んで、どう思ったか?といった質問のやりとりは、とてもすんなり進みました。

けれど、お話に軽く触れるだけなら、4~5歳児でも全く問題ないと思います。英語得意ママであれば、その年齢ぐらいから何度も読み聞かせてあげるといいかもしれません。(英語苦手ママであれば、ママが頑張って話を理解し、絵を見ながら 日本語で簡単に説明をしてあげれば良いのではないかな)

また話し合いをするのであれば、普段の自身の行いや対人関係をしっかり理解できるようになる 2~3年生あたりに 子供版 プラス大人向けの内容も併せて、意見を出し合ってみるのもいいのではないか?と思っています。

ちなみに、コロさんとも この春に 本を読みながら色々と考える時間を作ってみました。

ただし、当たり前ではありますが、一回の取り組みだけで、真の習慣を身につけることは出来ません。

子供が何か失敗をしてしまった時、これから どう行動していけばいいのかを考える際に、常に「七つの習慣」を例に出して、親子で繰り返し考えていくことが大切となります。

我が家の場合、計画を立てる時や、兄弟喧嘩をした時、ある程度 予測できた失敗の時などは、良く この七つの習慣を例に出し、どう実行または回避すれば良かったのかを 考えてもらうようにしています。

一年ほど前の話ですが、4年生だったポヨに「クラスやグループで意見をまとめる時、どんな事に気を付けているの??」という質問をしたことがありました。

その中のやり取りで「主張がぶつかっているような場合は、どっちが いい・悪いと決めつけないで、客観的に見るようにしているよ。両方の良い点を探すとか?・・・”Win-Win" で考えていくと、みんな、納得してくれる場合が多いね。」といった返答をしてくれたことがあり、彼が人間関係における第4の習慣「Think win-win (Everyone can win)」という考えを少しは意識してくれているのかな?と感じたことがありました。

すべての事柄に関して、当てはめていくのは大変ですし、我が家もそこまで徹底している訳ではありませんが、小さな頃から7つの習慣の教えを 要所要所で促していく事は、子供の中に一つの指針を築かせる事に繋がるのではないか、と思っています。

故に、親も見本となる振る舞いをしなくてはいけないんですけどね!(それが一番大変だったりして)

子供が小学校高学年に入ると、この手の対話が 難しくなってきます。ですので、素直な時期のうちに、こちらの本を読みながら お子様との話し合いを楽しんでほしいなと思います。



<おまけのお話>

こちらの本を買った当初、和書でも子供向けの自己啓発本ってないのかな?と探したのですが、残念ながら良いものが見つけられませんでした。しかし、今は小学生向けであれば、結構な種類が出ていますね。

中でもこちらのシリーズはおススメです☆

    




[PR]
by corocorobox | 2016-08-02 09:10 | 英語の本