小学三年生の学習の取り組み

最近の取り組み記事では コロの出番ばかりで、すっかり影の存在と化してしまったポヨさんですが、色々と頑張っております。
ということで、今回は、ポヨの英語以外の取り組みを記録しておきます。

でも、バリバリ受験勉強している ご家庭と比べると、たいぶズレた学習計画ではないかと思っております。
「あぁ、また迷走中なのね~」ぐらいの感覚で読んでください(苦笑)


まず、算数。

1年生後半から、教科書ベースの基礎・標準問題の先取りをどんどこやっておりまして、現在、4年生後半まで進んでいます。

  

本屋さんでいろいろ見たのですが、一枚一枚切り離せるこちらが我が家には使い勝手が良さそう、という事で選びました。

補足的に計算問題をやらせたいなぁ~と思う時は、下記サイト様の計算プリントを使用しています。

■ちびむすドリル 算数の学習プリント 
■算願 算数と計算問題の無料ダウンロード

今のところ、初めての問題でも、ポヨの理解力に助けられているのと、難しい問題もさほどない事で、サクサク進んでいます(無駄話が多いですが)

新しい単元を興味を持って取り組んでくれるので、助かっています~。

出来れば今年の12月までに、何とか6年生分すべてを終了したいと思っていますが、無理かしら。
(来春の入塾までに終わらせたいので)

そして、もう一つ。
春休みから、発展問題の取り組みとして、週末にこちらをやっております。



受験用の良質な問題が集められていて、なかなか良いです。
こちらは、やはり難しいらしく、苦戦していることが多々あります。

本当は この手の問題も力を入れて取り組みたいところですが、我が家の場合、のんびりペースで進める予定。
あくまでオマケ要素です。

ちなみに1~2年生の時は週末に どんぐり算数問題(年長~3年生までの問題)をやっていました。

次に国語。

七田式 小学生プリント3年生 国語

七田式教材(しちだ) 小学生プリント3年生 国語

  
七田の国語、大好きです、私が(笑)

1年生の時は算数・国語・右脳とやっていたのですが、二年生から国語のみ続けています。
七田式の国語小学生プリント、何でそこまで気に入っているのかと言うと、文章を書かせる問題が良いんです。

自分の身の回りについての作文だったり、物語を作らせたり、説明文を書かせたり、時にはダジャレを考えさせたり。
ほぼ毎日、何らかしらの文を書かなくてはいけないので、ポヨ、作文力が着実に付いてきました。何より、文章を書くことに抵抗がなくなります(笑)

それから、音読プリント。一冊ごとに課題の音読プリントが1枚、付いています。
ノルマは1日20回となっていますが、我が家は そこまで出来ないので(汗)、一日5回にしています。
それでも、毎日続けることで、月の後半には暗唱できるまでになります。

音読で得られる効果については、正直、まだ実感できていませんが(笑)、脳を活性化させる・記憶力を鍛える、なんて事がよく書かれているので、そのような効果を期待しながら、今後も続けていきたいと思っています。

そして、もう一つがこちら。



定番ですね。2年生から取り組みを始め、今、2周目です。

ちなみに「10才までにおぼえておきたい ちょっと難しい1000のことば マンガでクイズ」という本も買ったのですが、ポヨ、一回しか読んでくれずイマイチだった模様・・・。

そして、三年生になってから新しく始めた取り組みが、こちら。



一応、社会(?)の取り組みになるのかな。
この本の良い所は、図鑑のように情報をただ載せているだけでなく、そのトピックの最後に 考えるコーナーが設けられているところ。
c0214088_00502423.jpg
c0214088_00503350.jpg
ただ、大人でもパッと答えられない(苦笑)テーマも取り扱っているため、トピックによっては事前準備も必要になります。

内容が濃い(読んだだけでは、理解しずらい)場合は、1トピックで数日 費やしている時もありますが、最終的には、ポヨとこの設問について考えています。

こちらは勉強・・・というより、ポヨとテーマに沿った話し合いをする中で、あれこれ考えてもらう時間が欲しかったのですよね。
幼稚園の頃は良くやっていたんですが、小学校に入ってから、こういった時間が減ってしまい、気が付いたら消滅していました。

でも、この本に書かれている内容、ざーと確認したら、ポヨが幼稚園時代「どうして?」と疑問をもった数々が、掲載されていました。あの頃は、図書館やネットで逐一調べて、話し合いをしていたのですが・・・もっと早くに、この本と出会いたかったです(涙)

ということで、一日のスケジュールとして書き出すと

【 朝の取り組み 】
朝5時起床
・計算プリント
・七田国語プリント
・1000の言葉 1ページ
・音読プリント
朝食 (大体6時ごろ)
・先取り 算数ドリル

終了時間は7時前には終わってるかな?
その後、iPadのゲーム20分を許可しています。

【 夜の取り組み 】
8時ぐらいから
・柔軟体操(頑張ってやってます、笑)
・国語教科書 音読
・漢字プリント(七田国語プリント)
・世の中まるごとガイドブックを使って、ディスカッション
・絵本読み聞かせ(コロに)
・マッサージ(二人に)

で、9時には寝ます。
以上が月~金の平日取り組みとなります。

そして週末取り組みとして、土・日のどちらかを、算数応用問題時間とオンラインレッスンで出される英語のライティング宿題に当てています。片方は完全休日です。(どちらかと言うと、私の休日です、笑)

学校から帰ってからの時間は、基本、学校の宿題のみ。
この時間帯は、お友達と遊んだり、習い事やらオンラインレッスン、その他イレギュラーな予定が入りやすく、決まった時間が確保できないため、我が家は朝集中型の勉強を取り入れています。

ポヨから苦情が少ないのも、この時間帯は自身の好きなように使ってよいと言っている事が大きいのではないかな?と思っています。
(学校の宿題は、必ず先に終わらせることを厳守させていますが)

朝勉習慣はポヨが幼稚園年中さんの頃から始めたので、今では目覚ましがなると、シャキッと起きて すぐ勉強体制に入ってくれます(コロも同じ時間に起きて、七田プリント3枚と英語のワークをやっています)

ポヨの一日の勉強時間、学校の宿題を入れたらトータルで2時間半くらい?
この年齢からしたら、多いですかね。

ただ、算数の先取り&世の中まるごとガイドブックの話し合いも、余計な話に突入することが多く、これを抜いたら1時間ちょっとで収まるのではないかな。
ポヨ、意外と知っていることが多く(おそらく洋書で情報をかなり仕入れている)、双方の取り組み中にウンチク(?)を語り出すんですよね。「ハイハイハーイ、それはいいからっっ!!」と言いたいのを堪えて、とりあえず話を聞いています(苦笑)

社会はいいとして、算数はさっさか進めたいんですけどね・・・。

ぶっちゃけ、この路線は、受験生がやる勉強内容ではないなぁ~と感じています。
だって、明らかに算数は思考力系(というか、テクニックが必要?)な問題が不足していますし、国語は読解力より文章を書かせる問題が中心だし、理科に至っては、取り組み自体が存在していませんし(苦笑)

ただ、これはもう割り切って、受験勉強と言われる内容は4年生からの塾で みっちり勉強してもらうことにしました。
今は私がポヨと一緒にやっておきたい事(100%自己満足)を優先することにしたのです。

これが無駄になるか、生かされるか・・・。あぁ、怖いな。
冒頭で期待された方、ぜんぜん、参考にならなくてスミマセン。

ちなみにポヨ、洋書はフィクションよりノンフィクションが大好きなんです。
分野でいえば、断然、サイエンス関連。

ポヨがハマった本をご紹介すると・・・



Horrible Science box set
(実際、購入したのはamazon.ukのこちらです)

2年生の夏休みに渡したら一気に読んでしまい、今でも繰り返し 読みまくるほど、楽しい本らしいです。






こちらもお気に入り。
写真の美しさもさることながら、説明文が面白いとのこと。

この本のお蔭で、元素記号を全部覚えてしまいました。




 

こちらは、TV Showでやった実験を 家庭でも出来るよう、サイエンスの説明も絡めて解説してくれている本です。
我が家も いくつか実践しましたヨ。

せっかくなので、動画もご紹介しておきます。












ナショジオの本。
今、ハマって読んでおります。






こちらはCD + DVD
七田の理科ソングの英語版?みたいな感じかな(笑) サイエンスについて学べる曲が入っています。

映像も付いていて、音楽もノリノリ。かけ流しにもオススメです。
(蛇足ですが"Here Comes "シリーズ、他にもABC、123などがありamazon.comでは好評です。)



・・・と、こんな感じです。
最後は結局、英語に流れましたが(笑)

まだまだ先と思っているポヨの中学生活も、日々の生活に流されているうち、あっという間に迫ってきてしまうんでしょうね。
でも、どう転んでも、親子揃って、穏やかな春が迎えられることを願っております。

じみちーにコツコツ!
客観的な視野を見失わない!
ゴールはもっと先!

色々と自分に言い聞かせて(笑)、頑張りたいと思います。

[PR]
by corocorobox | 2014-04-17 09:25 | その他お勉強の取り組み

11歳児ポヨ(♂)と7歳児コロ(♀)の育児キロク。コメント欄はただ今 閉じています。ごめんなさい。リンクはご自由に!


by corobox